お笑いコンビ・バナナマン、バカリズムがMCを務めるフジテレビのバラエティー特番『バナナバカリの初芸人』が4日に放送される(後4:00 ※関東ローカル)。

【番組カット】マヂラブ・四千頭身らが奮闘

 「◯◯を初めて成し遂げた芸人」を“初芸人”と称す。その称号を獲得すべく、今をときめく人気お笑い芸人が過酷なロケに挑む様子を、バナナマンとバカリズムがスタジオで見守る。まず『M-1グランプリ2020』王者・マヂカルラブリーが挑戦する称号は「24時間で100人の芸人を笑わせた“初芸人”」。1日のプランは野田クリスタルが考えるが、芸人を100人笑わせるという過酷な挑戦にMC陣も「ハードルが高い」と息を飲む。

 1人目のターゲットは、なんと番組MCの設楽統。野田が考えた作戦のテーマは「くだらない、つまらない、しょうもない」。『ノンストップ!』の収録現場に突入するマヂカルラブリーだが、果たしてその結果は。そして、次のターゲットは松嶋尚美。マヂカルラブリーが『M-1』で優勝した際に議論となった“漫才じゃない論争”で「コントだと思う!」と語った因縁のある松嶋に、今回あえて挑む。そのほかにも、ナイツや陣内智則、バカリズム、お笑い第7世代など実力派芸人のターゲットたちを笑わせるべく、24時間駆け回る。

 続いて、四千頭身が挑戦する称号は「24時間で100匹の魚を釣り、その魚でダジャレを言う“初芸人”」。多くの種類の魚が生息する静岡県・駿河湾へと向かう。「第7世代も意外と体を張っているところを見せたい」と意気込む四千頭身だったが、そのロケは超過酷だった。寒さと雨と荒波と戦いながら魚を釣る姿にバナナマンも「これは思い出になる」と称賛する。

 さらに、番組MC・日村勇紀も「世界三大クサい料理を全部混ぜて嗅ぐ“初芸人”」「飛んでくるゴムパッチンをギリギリで避ける“初芸人”」「ハンドボール選手のパイ投げを受ける“初芸人”」「激痛・激熱・激冷・激辛を一気に受ける“初芸人”」の4つにチャレンジ。番組MCながら、今回誰よりも多くのテーマに挑む日村が体を張るその姿は、スタジオで設楽とバカリズムの爆笑をかっさらった。

 収録を終えた3人がコメントを寄せた。

【設楽統】今のバラエティー番組は過酷な企画があまりないので、若手にとっても良い機会だったんじゃないかと思います。
【バカリズム】僕も若手のころを思い出しました。そして(VTRが)単純に面白かったです。日村さんのロケも面白かったです。スケールこそ小さいですが(笑)。
【日村勇紀】2人(設楽・バカリズム)が僕のロケを見て笑っているのか、すごく気になりました。笑っている時と笑ってない時があって…(笑)。いわゆる“お笑い番組”がやれたというのがうれしかったです!
【設楽】すごくくだらないことをやっているのですが、若手芸人が努力している姿に(視聴者の皆さんも)何か考えさせられると思います。
【日村】VTRが最高です! 夕方から腹がちぎれて眠れなくなっちゃうかもしれないです(笑)。