『週刊少年ジャンプ』8号(1月25日発売)よりスタートした松井優征氏の5年ぶり新作『逃げ上手の若君』のコミックス1巻が2日、2巻が8月4日に2ヶ月連続で発売される。

【画像】美麗なイラスト…漫画『逃げ上手の若君』のポスター

 これまでに『魔人探偵脳噛ネウロ』『暗殺教室』を生みだし、多くのファンをもつヒットメーカーが、最新作に選んだテーマは、鎌倉幕府最後の後継にして、“天下一逃げ上手な少年武将”・北条時行(ほうじょう・ときゆき)。鎌倉時代から室町時代へ移り変わっていく歴史の狭間で、その少年は、逃げることで英雄となり、生きることで伝説となった…。物語の題材に選ばれることの少なかった人物に焦点を当て、史実をもとに、逃げる英雄・北条時行の激動の生涯を、松井氏の解釈と筆致で描いている。

 『逃げ上手の若君』の舞台は1333年、鎌倉。物語は足利高氏の突然の謀反による鎌倉幕府の滅亡から始まる。幕府の後継として生きるはずだった少年・北条時行は、この謀反で8歳にして家族も地位もすべてを失う。しかし、時行は逃げること・生き延びることに関しては誰よりも秀でていた。その才を見込む信濃国の神官・諏訪頼重にいざなわれ、少年は逃げて英雄になる道を歩み始める。天下一逃げ上手な少年武将の流浪と潜伏と逆襲の歴史を描く、南北朝スペクタクル“逃亡譚”を見ることができる。

 松井優征氏は「少年時代、ドッジボールで避けるのだけは得意でした。毎回最後の一人に残ってはヒーロー気分に浸ったものです。そんな気分を体現してくれそうな歴史上の一人の少年。彼の一風変わった視点を通して、日本史きってのマイナー時代に皆様が心を馳せるきっかけになれれば30年前と700年前の少年もきっと鼻が高いと思います」とコメントを寄せた。