5月21日より公開中の映画『いのちの停車場』より、本作が初共演となった松坂桃李と広瀬すずがゲームセンターで記念写真を撮るシーンなどの場面写真を入手した。

【新写真がもう一枚】広瀬すずの母親ぶりに注目

 本作は、金沢の「まほろば診療所」を舞台に、「在宅医療」に携わる医者・患者、家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”、家族たちの願いを丁寧に描き出す、感動のヒューマン医療ドラマ。

 松坂は、救命救急医として活躍した咲和子(吉永小百合)を追って金沢にやってきた医大卒業生・野呂役、広瀬は、亡くなった姉の子・翼(鈴木乃伊留)を母親代わりに育てる訪問看護師・麻世役を演じている。

 診療所では日々、終末期を迎え人生の最後の日々を過ごす患者たちと向き合う中で、若い野呂と麻世は、まほろば診療所の”太陽”のような存在として、心温まる和やかなシーン、時折見せるコミカルなシーン、そして背中を押してくれる心動かすシーンなどさまざまな顔を息の合ったコンビで魅せている。

 解禁された場面写真は、麻世と翼が月に1回と決めている「外食デー」の特別な日に野呂を誘って出かけた先のゲームセンターで、翼に引っ張られて3人で出かけた記念に写真を撮るシーン。劇中では、撮影した写真の野呂と麻世の姿に翼がいたずらな落書きをした完成版を見ることができる。

 「元々小さい子が大好き」という広瀬は、野呂、翼との3人のシーンを撮影するにあたり、「実際に仲良くなろうと(翼役の)乃伊留君に、何が好きか聞いたり話しかけるようにしていたら自然と心を開いてくれて、松坂さんも意識的に声を掛けてくれて乃伊留君との距離感が確立できた」と、同シーン撮影にあたって意識した”翼との距離感”について撮影時を振り返りつつ、「松坂さんが乃伊留君と仲良くなっているのを見て少し嫉妬しました(笑)」と、麻世さながらの”親心”も漏らしていた。