EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー・白濱亜嵐主演のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(毎週土曜 後11:00~11:30)第8話が12日に放送される。

【写真】ベッドの中でスマホを見つめるトリンドル玲奈

 うっとおしいほどの熱い情熱を持って一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、研修医として第一歩を踏み出した先で待ち受けていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司から怒られるばかりの毎日。押し寄せる傷ついた患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、涙を流しながらも医師という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描く、青春群像劇。

 トリンドル玲奈が第8話より新たな患者として本格的に登場する。トリンドルが演じるのは、腹痛を抱えて病院にやってきたコピーライターの北村あすか。2012年の『黒の女教師』で女優デビュー以降、役柄の幅を広げ活躍してきたトリンドルが、今作ではバリバリ働き、仕事に情熱を注ぐ女性という新たな一面を披露する。

 腹痛を抱えてやってきた北村を、くるみ(恒松祐里)が担当することに。くるみが好きな看板のキャッチコピーが実は北村が作ったものだと知ったくるみは、同世代の女性の活躍に喜ぶが、エコー検査でその北村に腹水の溜まりが見つかってしまう。不安を感じながらも検査入院をすることになった北村。その一方で、実はくるみも以前から時おり腹痛を感じていて…。研修医同士でエコー検査の練習をした際に、隆治はくるみのエコー画像に怪しい影を見つけていたが、本人には伝えられていなかった。その矢先、くるみが激しい腹痛で倒れてしまう。

 そんな不安を抱える2人だが、第8話の最後では、なぜか北村がくるみ、そして佐藤(木南晴夏)、看護師の吉川(西尾まり)、相沢(奥山かずさ)と5人で、病院の屋上であの名曲に乗って、ノリノリで歌いながらダンスを披露。聞こえてくる5人の歌声の中にはちょっと音程がずれている人も…。その模様は、第8話で披露される。