俳優の中村獅童が11日、都内で行われた映画『キャラクター』の初日舞台あいさつに登場した。

【動画】自らを“汁キャラ”と告白し物議を醸した菅田将暉

 同作は、もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまい、その顔を“キャラクター”化して漫画を描いて売れてしまったとしたら、というアイデアを軸に構想された本作。スケッチに向かった先で、一家殺人現場に遭遇し犯人を目撃してしまう主人公・山城圭吾(菅田将暉)。そして山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角を本作が俳優デビューとなるFukase、山城が描いた漫画と事件の関連性をいち早く気づき、その真相を探る刑事・清田俊介を小栗旬、清田の上司・真壁孝太を中村獅童、漫画家として鳴かず飛ばずの山城を陰で支える恋人・川瀬夏美を高畑充希が演じる。

 映画タイトルにちなみ「実は〇〇キャラクターなんです」というトークが展開され、中村は「僕は猫キャラですよ」ときっぱり。登壇者の菅田らが笑う中、中村は続けて「猫好きの人ってだいたい『可愛いね~』って猫を褒めるじゃないですか。僕はね、いい子いい子されて伸びるタイプなんですよ。褒められて伸びるタイプ。だから、本編なんか見て切られてるとものすごい落ち込むんですよ」と意外な一面を打ち明けた。

 先日行われた取材会の様子がテレビで流れていたのを見たそうで「微妙に僕のところが映ってないんですよ!」とツッコミを入れつつ、「なに、俺の扱い雑だなとすぐ思っちゃうわけ。猫ちゃんみたいに『いい子ね、かわいいわね』と言われるのが、どちらかというと好き」と話すと、共演者は「無理ありますよ。その喋りからの猫キャラ、無理あります」と笑っていた。

 そのほかの共演者も意外な一面を明かし「キャラ崩壊」祭りとなった舞台あいさつの終盤、中村は「俺のところ切らないでね!」と念押しし、「きょうはさ、キャラが崩壊するくらい一生懸命やっているわけ! 切られないように。少しでも多くワイドショーに映るようにやっているんだからさ! 頼みますよ本当に」とアピールしていた。

 舞台あいさつにはFukase、高畑、小栗、永井聡監督も出席した。