Netflixで全世界独占配信されるアニメ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』(7月8日配信)の本編映像が11日、初めて公開された。壮絶な戦場シーンが描かれている冒頭のシーンを見ることができる。

【動画】壮絶な戦闘シーン 『バイオハザード』本編映像

 舞台は2000年にさかのぼり、銃弾飛び交う内戦中のペナムスタン市街。米軍の「特殊部隊」のヘリが墜落し、ジェイソン率いる米陸軍「マッドドッグス隊」は戦場に残された生存者を救出するため、司令室の待機命令に背く形で自ら先頭に立つ。

 解禁となった映像では、当時「マッドドッグス隊」の隊長で、物語の現在(2006年)は合衆国のエージェントとして主人公・レオンと行動をともにするジェイソンの勇敢な姿や、ペナムスタン民兵と激闘を交わす「マッドドッグス隊」の隊員たちの行動が描かれている。また、『バイオハザード』シリーズではお馴染みの?!墜落するヘリコプターのシーンをはじめ、1秒たりとも目が離せない見応えのある映像に仕上がっている。

 1996年にゲーム第1作が発売された『バイオハザード』は今年でシリーズ25周年。今作は、シリーズの人気キャラクターであるレオン・S・ケネディ(CV:森川智之)と、クレア・レッドフィールド(CV:甲斐田裕子)の2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品となり、数々の死線をくぐり抜けてきたレオンとクレアが、ホワイトハウスで偶然の再会を果たし、新たな脅威に立ち向かう姿が描かれる。