女優の永野芽郁が10日、都内で行われた主演映画『地獄の花園』ヒット御礼舞台あいさつに参加した。ごくごく普通のOL生活を送っていたはずがヤンキーOLたちの抗争に巻き込まれる主人公・直子を演じた永野は「東京の映画館は6月1日から始まって、母親や友人が観に行ってくれて。どの世代の人もおもしろがってくれて『死ぬほど笑った』って…うれしいですね。母親は娘が殴られているのを初めて見て、悲しくて泣きましたって」と身近な反響を報告した。

【動画】舞台あいさつで永野芽郁に公開謝罪する広瀬アリス

 すると、直子と同じ会社に勤めるカリスマヤンキーOL・蘭役を演じた広瀬アリスは「ごめんね! いっぱい殴ってごめんね!」とすぐさま謝罪。すると永野は「お母さんにお伝えしておきます」とにっこり。広瀬は「私モーニングルーティンにあります、『おはようエゴサ』。寝起きでエゴサーチをするんですけど。『めちゃくちゃ笑った』とか『想像を超えた』とかうれしいコメントは日々毎日ありますね」とご満悦だった。

 見どころについて永野は「広瀬さん演じる蘭がひたすら色んな人を倒してるのに私の前では普通のOLになるのが好き。一番ヤンキーOLをしっかりやられているのが蘭。最高です」とオススメ。ガチアクションシーンに、広瀬は「メチャクチャ楽しかった。すごくやりながらストレス発散にもなりました」と爽快だったそうで、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒も「本気で殴ってるわけではないけどスカッとする気持ちや大声出すとストレス発散にはなる」と同意していた。

 金髪ミニスカで総務部OL“魔王・赤城”を演じた遠藤憲一は、現場について「ふざけあったり、笑い合ったり、感動したりいろんなものが詰まってて、しばらく思い出に残りますね。見ていてすげぇアクションだなと感動したり、そしてふざけた…わけではないんですけどとてつもない格好だったので、いろんなものを楽しめました」と和気あいあいとした雰囲気を振り返っていた。

 また、今作では初めての有観客での舞台あいさつということで「すごく久しぶりに劇場の席にみなさんが座っている所をみれてうれしいです」と笑顔が弾ける永野。イタリア・ウディネ国際映画祭やニューヨークアジアンフィルムフェスティバルなどから招待を受けていることを知らされ、菜々緒は「鳥肌立ってる見て!」と腕を永野のもとに寄せると「本当だ! ちゃんと鳥肌立ってる!」とはしゃいでいた。