ウルトラマンのテレビシリーズの最新作『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』(テレビ東京系、毎週土曜 前9:00、7月10日スタート)のオンライン発表会が10日、開催された。主人公・ウルトラマントリガーに変身するマナカケンゴ役にボーイズグループ「祭nine.」のリーダー・寺坂頼我(てらさからいが/21)が意気込みを語った。

【写真】M・A・O、上坂すみれら豪華声優陣が登場!

 今作は、ウルトラマンシリーズ55周年の記念すべき年に、誕生25周年を迎える平成ウルトラマンシリーズ不朽の名作『ウルトラマンティガ』の真髄を継ぐ作品として企画。超古代の光の巨人伝説というテーマや、シリーズ史上初めて描かれたウルトラヒーローのタイプチェンジなど、『ティガ』の原点を踏襲しつつ、ストーリーは一新。「令和版ウルトラマンティガ」ともいえるコンセプトから、まったく新しいストーリーといった斬新な内容となっている。

 完成したスペシャル映像を初めて寺坂は「ホントに生きててよかった! 早く放送で届けたい」と放送を心待ち。変身ポーズも生披露し、ウルトラマントリガーと一緒にゼペリオン光線のポーズも。「本当に素晴らしい方々と一緒に『ウルトラマントリガー』という番組を作れていることを実感しています。ウルトラマンを好きでいてくださる皆さんに、すごく感謝でいっぱい。『ウルトラマントリガー』は皆さんの生きていく上での楽しみになれると思います。一緒に前を向いて笑って頑張っていきましょう!」とメッセージを送っていた。

 メイン監督を務める坂本浩一監督は「スマイル、スマイル。みんなを笑顔にしたいのがテーマの1つです。日本を含め、世界が大変な時期。この作品を見て、みんなを笑顔にしたい」と作品に込める思いを語り「にぎやかです。みんなが仲いい。現場から笑顔があふれているので、それが伝わればいいな」と撮影裏話を口にしていた。

 発表会には豊田ルナ、金子隼也、水野直、春川芽生、高木勝也、細貝圭、宅麻伸も参加した。