音楽、ドラマ、映画などさまざまエンタメコンテンツが盛り上がり、まさに時代は“第4次韓国ブーム”。実際に現地に行って楽しみたくても、コロナの影響で韓国に行くのは難しい日々が続きます。そんなあなたに、グルメ・ファッション・コスメなど気になる情報も含めて、韓国在住のライターが現地の最新レポートを週替りテーマで毎週金曜日にお届けします!

【写真】韓国の日焼け止め3選 TOUN28などのテクスチャーをチェック

 こんにちは、韓国在住ライターの二俣愛子です。そろそろ紫外線が気になる季節になってきましたよね。梅雨に入って太陽の光は出ていないからと気を抜いてはいけません。韓国では1年中日焼け止めをするのは当たり前。街のコスメストアでは日焼け止めコーナーが年中設置されています。しかも、小さなころからそれを徹底しているという話も耳にします。そんな韓国では、一体どんな日焼け止めがトレンドなのか気になりますよね?

■ブルーライトをカットできる日焼け止めが続々と登場中!

 最近、韓国ではブルーライトもカットしてくれる商品がじわじわと増えてきている印象です。

 PCやスマホなど現代人には必須のアイテムから発せられるブルーライトは、実は紫外線よりも肌の奥深く(皮下組織)まで届いて、肌の老化を促す最大の原因ともいわれる活性酵素を400%も増やしてしまうということがわかったそうです(「TOUN28」日焼け止め商品ページより)。

 こんな話を聞くと、もうただの日焼け止めでは物足りなく感じませんか?そこで、ブルーライトもカットできる韓国のおすすめ日焼け止めをご紹介します。

■オーガニックの実力!TOUN28 ブルーライト遮断サンスクリーン

 TOUN28は、韓国で大人気のヴィーガンブランドのひとつ。こだわりの原料で、肌に本当に必要なものだけを採用しています。

 ここの日焼け止めの特長は、オーガニック成分で、紫外線のみならずブルーライトがしっかりとカットできるということ。ドイツの臨床試験によって証明された実力派です。

 また、乾燥肌用(B1)と脂性肌用(B2)と肌質別に選択できるのもうれしいポイント。

 テクスチャーは、ちょっぴり固め。薄めに伸ばして使うようにするときれいに仕上がります。また、ほんのりトーンアップ効果もあるようです。

 韓国では、コロナの影響でファンデーションを使わない「パデプリ=ファンデーションフリー(韓国読み:パウンデーションプリ)の略語」というコスメ用語がうまれたように、トーンアップ効果のある下地だけを求める人も増えているので、紫外線&ブルーライトカットに加えてトーンアップ効果もあるとなると、もはや一石三鳥です!

■日本の人気モデルも愛用!AHC ナチュラルプロテクション プロ シールド

 韓国で日焼け止めといえば必ず名前が挙がるブランドのひとつが「AHC」です。日本の人気モデルも使用していると紹介されていました。

 スティックタイプ、クッションタイプ、スプレー、セラムなどさまざまな形状の日焼け止めが揃い、どれも高評価を得ています。

 今回紹介するのは、紫外線&ブルーライトカットはもちろんのこと、大気汚染物質や、たるみの原因ともいわれている近赤外線までカットしてくれるサンプロテクター。

 韓国の大人気美容番組「Get It Beauty」でも取り上げられて人気に火が付きました。

 エッセンスタイプで、するすると伸びるテクスチャーが魅力で、スキンケアの延長でつけられるほど軽い着け心地。日焼け止めではないみたい!

 こちらはトーンアップ効果はそこまで感じられませんでした。しかし、肌がしっかり潤うのを実感。特に乾燥肌の方におすすめしたいアイテムです。

■脂性肌にはこちら!primera スキン リリーフ UV プロテクター EX

 汗と皮脂を抑えてさっぱりとした肌に仕上げてくれるのが、スキンケアブランド「primera」の新作。

 紫外線&ブルーライトカット効果に加えて、保湿に効果的な発芽黒豆エキスを配合しているため、潤いを与えながら皮脂コントロールまでできてしまうものです。

 テクスチャーはクリームタイプで、軽い着け心地です。クレンジングが必要なく洗顔だけで落とすことができる手軽さもよき。

 さらに注目すべきは、プラスチックの使用料を従来の容器よりも70%減らしたエコなパッケージだという点です。

 最近こういったサスティナブルな動きが韓国のコスメ業界ではトレンドになりつつあるように感じます。

■現代人は紫外線とブルーライトカットが必須!?

 韓国のブルーライトもカットできる日焼け止めをご紹介しました。現代人は紫外線よりもブルーライトにさらされている時間のほうが圧倒的に多いはず。

 しかも、これが紫外線よりも肌の奥に届いて老化を促してしまうなんて。想像しただけで恐ろしすぎますよね。

 紫外線と同じように今すぐブルーライト対策をお忘れなく!

■今週のエンタメニュース

 先週に引き続き話題の絶えない「BTS」ネタを。6月7日にRMの自作曲「Bicycle」がBTSの公式SNSやYouTubeチャンネルなどで発表になりました。

 この新曲は、6月13日でデビュー8周年を迎えることで開かれたファン向けのコンテンツ「FESTA」のひとつとして公開になったものだそう。

 この曲についてRMは、「本当に自転車に乗りながら歌詞を作った。練習生のときからいつも自転車に乗っていた。つかめない不鮮明な風景を歌に変えてみたかった」とコメントを寄せています。

 13日、14日にはオンラインでファンミーティングが開催されるそう。オンラインストリーミングチケットをゲットすれば日本から観ることもできるのでぜひ!