人気グループ・V6の岡田准一が、13日放送のMBS/TBS系バラエティー番組『日曜日の初耳学』(毎週日曜 後10:00)に出演する。

【写真】防災に詳しい専門家が徹底解説する「令和の防災知識」

 MCの林修が“時代のカリスマ”に迫る大人気企画「インタビュアー林修」。今回のゲストは、岡田。V6のメンバーとして活動するとともに、俳優としても多くの作品に出演。2015年の日本アカデミー賞では、最優秀主演男優賞と最優秀助演男優賞の2冠に輝くなど、確かな演技力で見るものを圧倒、第一線で活躍し続けている。そんな岡田の今日までの軌跡を辿りながら、デビュー秘話や、俳優業への情熱、さらにV6への想いなどを聞く。

 1995年、14歳の時に伝説の人気バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』のオーディション企画に応募したことがきっかけで芸能界へ。さらに同年、V6の最年少メンバーとしてCDデビューを果たした岡田。だが、アイドルとして活躍しながらも、心の内では“自分自身がどう生きていくか”を常に考えていたという。そこには、岡田が若くして仕事や人生に向き合う覚悟を持ったある理由があった。さらに岡田の支えとなった、ジャニーさんとのマル秘エピソードも明かされる。

 一方、「俳優・岡田准一」の魅力を語る上で外せないのが、岡田の現在の軸ともいえる“アクション”。新作映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』でもド迫力のアクションシーンを演じている岡田が、アクションに対する深い想いを語る。スタントに頼らず自らアクションを演じ極める事の意味、そして、岡田がその先に目指すものとは。