4月に発表された『第93回アカデミー賞』で国際長編映画賞を受賞した、北欧の至宝マッツ・ミケルセン主演映画『アナザーラウンド』(9月3日公開)の予告編が解禁された。

【動画】映画『アナザーラウンド』予告編

 2022年7月29日に全米公開予定のハリソン・フォード主演『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5作や、2022年公開予定の『ファンタスティック・ビースト3』など、話題の超大作への出演が相次ぎ、今や最も注目すべきイケオジ俳優の筆頭となったマッツが、自身史上最高のパフォーマンスを披露している本作。

 この予告編では、ミッドライフ・クライシス(中年期危機)真っ盛りとも呼ぶべきパッとしない日々を過ごしていたマッツ・ミケルセン演じる冴えない高校教師とその同僚3人が、ノルウェー人哲学者の「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するためとんでもない実験に取り組むことになるところから始まる。

 仕事中でもお構いなしに酒を飲み常に酔った状態を保つと、授業も楽しく、生き生きとしたものになっていき、生徒たちとの関係性も良好になっていく。同僚たちもゆっくりと確実に人生がいい方向に向かっていくが、実験が進むにつれ、だんだんと制御不能になり…。

 彼らが実験の先に見た大切なものとは? 幼い頃から体操選手として訓練を受け、のちにバレエアカデミーでダンスを学んだという経歴をもつマッツ・ミケルセンが披露するダンスシーンは圧巻。

 ラストは、アカデミー賞授賞式で監督がスピーチ中で語った「人生を祝福する映画を作りたかった」という言葉そのものの、人生に祝杯をあげたくなるようなすがすがしいカットで締めくくられている。

 監督は、マッツにとって出世作ともいえるカンヌ国際映画祭男優賞受賞の『偽りなき者』(2012年)を手掛けたトマス・ヴィンターベア監督。待望の再タッグが実現した。