俳優・玉木宏が主演するテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)。きょう10日放送の最終話では、“5年にわたる戦い”に決着がつく。

【写真】銃口を誰かに向けて覚悟の表情を見せる爽

 脚本家・武藤将吾氏によるオリジナルストーリーをもとに、桜の代紋を掲げる警視庁の頂点=警視総監の座をめぐる激しい出世バトルを描く同作。物語の始まりは2016年東京。警視庁の汚職を告発しようとしていた元警察官の父・勇仁(岡部たかし)が“自殺”してから23年。キャリア組の警察官となり、「東大派」「薩摩派」「外様派」の3派閥が勢力争いを繰り広げる警視庁に入った主人公・漣(玉木宏)は、出世バトルに身を投じる一方で、恐ろしい事実を掴んでしまった。それは、自らが所属する「外様派」のトップで、恩人でもある千堂(椎名桔平)が、父を“自殺”に追いやった張本人という事実。父の仇敵で、私利私欲のために権力を欲するサッチョウ(=警察庁)の悪魔・千堂を倒すため、漣は決死のクーデターを起こすことに。しかし、完膚無きまでの失敗に終わった。

 「このままじゃ終われない…終わらせない。悪魔に魂を売ってでも」と心に誓いながらも鋭い牙を隠して、千堂の娘・優愛(仲里依紗)と結婚し、着実に出世コースを歩む漣。5年後、“本来あるべき警察の姿”を取り戻すため、ついに漣は「薩摩穏健派」派閥に所属する現・内閣情報官の権藤秀夫(吉田鋼太郎)を後見人に据え、同志たちと共に新派閥「改革派」を旗揚げ。副総監の座にまで上り詰めた千堂を失脚させるべく、宣戦布告し、第2部がスタートした。

 そんな中、警視総監の任命権を有する内閣府特命担当大臣との関係が悪化し、次期警視総監への道が危うくなった千堂は、大臣狙撃事件を計画。千堂が黒幕だという証拠を掴んだ漣ら「改革派」は、ここで千堂にとどめを刺そうと蜂起するも、あまりにも手痛い返り討ちに遭ってしまった。

 しかも同じ日の夜、千堂が漣の父親代わりだった元警察官・刈谷銀次郎(橋本じゅん)に刺されてしまう。実は、刈谷に千堂を襲わせたのは「東大派」のトップである警備局長・吉永晴樹(光石研)。その事実が明るみになったことで、吉永は警視総監レースから脱落してしまうことに。「崩れ行く警察の威信を、天下り先からしかと拝見させてもらうよ」と言い残し、警視庁を去っていった。

 現・警視総監・矢上(尾美としのり)と蜜月関係を築き、次期警視総監の座に一番近いと思われる千堂。そして、漣たち「改革派」が次期警視総監に押し上げようとする権藤。警視総監レースが壮絶な一騎打ちへと発展する中、彼らを取り巻く状況は目まぐるしく変化。その裏には、刈谷が何者かに殺されてしまう事件があった。しかも、千堂は刈谷殺害事件の真相をうやむやにして、幕引きを図ろうとし…。またしても不穏な行動を見せる千堂に、漣は「あなたを倒すために悪魔に魂を売った…。なぜ5年も沈黙を続けてきたのか、その答えがもうすぐ明らかになる。警察のトップには就かせない」と告げた。

 今夜放送の最終話で、一気に激化するラストバトル。その戦いは序盤から荒れに荒れる。刈谷を殺したのは自分だと、ある人物が自首してくることに。あまりにも意外な“犯人”の自白に、警視庁は騒然となってしまう。しかも、この衝撃の事態を受け、漣の幼馴染である警視庁捜査一課主任・水樹爽(広末涼子)は、裏で漣が一枚噛んでいるのではないかと疑い始める。真実を解き明かすため、自首してきた人物の取り調べを開始する爽。この件に、本当に漣は関係しているのか…。そもそも、刈谷殺しの真犯人は誰で、その目的とは一体何だったのか…。

 謎が謎を呼ぶ刈谷殺しの真相。そんな中、「今日ですべてケリをつける」と、猛烈な闘志を燃やし、千堂とのラストバトルに身を投じていく漣。「お前ごときに俺の野心は打ち砕けない!」と、一歩も引かない構えを見せる千堂。爽からは「アンタを裁けるのは私しかいない」という、意味深な言葉までもが飛び出す。刈谷殺しの真相究明を糸口に浮かび上がる、誰も予想し得なかった全事件の真相。そして、漣が5年間沈黙し続けた理由。最後に警視総監レースを制する人物とは一体。

 さらに、第8話で漣に離婚届を突き付けた優愛、恋人である刑事・富樫遊馬(岡田健史)との関係が出世バトルと相まって、膠着状態の爽。4人の恋愛模様はもちろん、桜の塔を取り巻く女性たちが物語の最後のカギを握ることになりそうだ。