女優・天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』(テレビ朝日系 毎週木曜 後9:00)。7月8日にスタートする第4シーズンに新キャストとして池田成志と工藤阿須加が加入する。

【写真】主演・天海祐希 『緊急取調室』第4シーズン7月スタート

 主演の天海とはドラマや舞台で何度も共演し、天海も尊敬してやまないベテラン俳優・池田成志。今回、劇中では天海と真っ向から敵対する。池田が演じるのは警視庁公安部出身の刑事部長・北斗偉。キントリに第4シーズンの肝となる“部署消失”を言い渡す人物となる。そんな北斗とキントリは、水と油のような関係。警察組織という“絶対的縦社会”の中で、時に泥水をすする思いもしながら、地道に出世してきた北斗は、組織が下した決定事項と上下関係は絶対という考え方の持ち主で、必要とあらば組織のルールを無視してでも、事件の真相を解明しようとするキントリ、中でもとりわけ有希子を敵視している。

 キントリの敵を演じる池田だが、今回は天海をはじめ、田中哲司、鈴木浩介、小日向文世ら、普段から親しくしているキャストに囲まれての撮影。出演オファーを受けた際は「『敵対する役だけど、はたして上手くできるんだろうか?』と、心配にもなりました(笑)」と明かしていた。

 一方、工藤阿須加が演じるのは、警視庁の警乗警察官・山上善春。第4シーズンで起こる“第一の事件”で有希子と出会い、キントリの捜査に協力していく、洞察力に優れた男。しかも、山上は捜査以外でも、何やらキントリと“意外な接点”があるようで…。新キャラクターについて、工藤は「正義感が強く、熱い心を内に秘めながら、冷静さと少し屈折した部分も持ち合わせてると感じています。山上については“明かされていない部分”もあるので、僕自身楽しみながら演じていきたいです」とコメントしていた。

■新キャストコメント
【池田成志】『緊急取調室』には天海さんをはじめ、テツ(=田中哲司)や(鈴木)浩介、コヒさん(=小日向文世)…と、僕自身と親しい出演者の方々がたくさん出られていますし、「にぎやかな現場なんだろうなぁ」と思い、撮影を楽しみにしていました。ただ、テツとコヒさんは芝居中にすぐ笑っちゃう人なので、一緒にやるのは苦手なんですよ(笑)。そんなこともあり、「敵対する役だけど、はたして上手くできるんだろうか?」と、心配にもなりました(笑)。撮影に入ったら、案の定クスクス笑っていて…! 「マズいな…。これはダメかもしれないな」と、この先が怖くなりましたね(笑)。とにもかくにも、でんでんさんにもさっそく似顔絵をもらいましたし、オープン・ワールドな現場にもうすっかり馴染んでいます。

 天海さんはいつも気を回しすぎるくらい、気を回してくださる方。過去に何度も共演し、お互いの芝居を見に行ったりするなど、普段から仲良くさせていただいていますし、大好きな方です。『緊急取調室』への出演が決まった後も連絡をくれましたし、おかげで途中加入に対する不安は一切なかったです。

 僕が演じる北斗偉は「権力欲があって、悪そうだなぁ…」という印象のキャラクター。作品のスピード感を大切にしつつ、海の物とも山の物ともつかぬ感じで演じようと思います。つい芝居で余計なことをしがちな性格ではありますが、なるべく余計なことはしないよう心掛けつつ(笑)、北斗がどういう人間なのか想像しながら演じていきますので、皆さんも一緒に想像しながら、ご覧いただければと思います。

【工藤阿須加】最初に『緊急取調室』出演のお話をいただいたとき、驚いて緊張したのを覚えています。今作でシーズン4になる『緊急取調室』にこれから参加させていただける感謝と緊張の気持ちでいっぱいです。台本も緊張感があり、スピーディーに進んでいきながら、想像力を駆り立てられる内容。『キントリ』を見てくださる方々の期待を裏切らないすてきな内容だな、と感じました。

 僕が演じる山上善春は正義感が強く、熱い心を内に秘めながら、冷静さと少し屈折した部分も持ち合わせてると感じています。山上については“明かされていない部分”もあるので、僕自身楽しみながら演じていきたいです。

 天海さんとご一緒させていただくのは3度目になります。天海さんは人とのつながりをとても大切にされる方。そして、どんな芝居も受け止めてくださるので、僕も自由にやらせていただき、毎回とても勉強させてもらっています。またご一緒させていただけて、うれしいですし、撮影が楽しみです。

 撮影現場では『キントリ』という1つのチームができあがっていて、オンの時間の集中力と、オフの時間の和やかな雰囲気の切り替えはとても素敵だな、と思いました。撮影が始まってまだ日数は浅いですが、すぐに『キントリ』の現場が好きになりました!