フランスに実在するゲイの水球チーム”シャイニー・シュリンプス”を題材に作られた映画『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』(7月9日公開)の予告編が到着。映像を彩るのは、ボニー・タイラーが歌う1980年代を象徴する世界的大ヒットナンバー「Holding Out For A Hero」だ。

【動画】「Holding Out For A Hero」Ver.予告編

 本作は、同性愛者への心ない発言をした元オリンピック・銀メダリストの水泳選手マチアス(ニコラ・ゴブ)が、その罰としてゲイの水球チーム「シャイニー・シュリンプス」のコーチに就任し、LGBTQ+による世界最大のスポーツと文化の祭典「ゲイゲームズ」を目指すことに。

 口を開けばジョークや下ネタばかり、試合の勝ち負けにこだわらないお調子者ばかりのシャイニー・シュリンプスに、マチアスは呆れるばかり。さらにゲイゲームズ開催の地へ向かう道中も、チームはトラブルを起こしまくり…。どんな時もパワフルに、自由を謳歌するシャイニー・シュリンプスとマチアスたちが引き起こす、ドンチャン騒ぎの意外な結末とは?

 2019年5月、フランスで公開されたフランス語映画(続編を除く)で初週動員数1位(19年5月8日~12日、BOX OFFICE MOJO調べ)を記録した本作は、「まさか水球映画に泣かされるなんて!監督の実体験が散りばめられた傑作!!」(THE INDEPENDENT)、「感動的でチャーミング!ハッピーが止まらない!!」(Radio Times)と、シャイニー・シュリンプスの人生を自分らしく謳歌する姿が多くの人を元気付けて、大ヒットした。

 解禁された予告編では、前半では練習もふざけてばかりのチームに「やってられるか!」と投げ出すマチアスの姿が。しかし、自身をチームに招き入れたリーダーのジャン(アルバン・ルノワール)がメンバーに病気を隠してでも、余命わずかな時間を仲間と一緒に楽しみたいと望んでいることを知り、マチアスは彼らにとっての勝利は試合の勝ち負けだけではないということを次第に理解していく。

 使用されている楽曲「Holding Out for a Hero」といえば、日本でも1984年に放送された昭和の学園ドラマの金字塔『スクール☆ウォーズ〜泣き虫先生の7年戦争〜』の主題歌として、麻倉未稀がカバーしたことで広く知られている。

 本作のメガホンをとったマキシム・ゴヴァール監督は、年齢、性別、国籍を問わず多くの人に愛され続けている名曲を使った理由について「”Hero”という単語がたくさん出てくるけど、自分のプライドや誇り、勇気を大切にしているキャラクターがでてくる本作にぴったりだと思った」と語っている。逆境と闘う偉大なヒーローが必要という歌詞があるように、それぞれが悩みを抱えながらも、ユーモアでどんな出来事もポジティブに乗り越えていく強さを持つシャイニー・シュリンプスにもぴったりの曲だ。

 本作にはほかにも、サブリナ・サレルノのヒットナンバー「BOYS」といった1980年代の楽曲が使用されている。セドリック・ル・ギャロ監督は「1980年代の楽曲は音楽的にも本当に素晴らしい。そのことに加えて、あの時代は好き嫌いにかかわらず、みんなが同じ曲を聴いていたという時代だった。僕も(共同監督・脚本を担当した)マキシムも子どもの頃によく聴いていたしね。80年代の音楽には、この音楽を聴いたらひとつになれる、みんなを連帯させるような力があると思う」と、その時代性についても触れながら音楽の持つ力について語っている。