歌手の近藤真彦(56)、元乃木坂46の永島聖羅(27)、声優の中島由貴(23)が9日、都内で行われたサミーの新規事業『m』に関する発表会に参加。老眼のため、うっかりスマホの操作ミスを繰り返し、ボヤきを連発した。

【動画】元乃木坂46・永島聖羅からスタイルの良さを褒められて照れる中島由貴

 サミーの新事業『m』は、ポーカーの人気競技「テキサスホールデム」の新作アプリなどが発表され、実際に対戦することに。近藤は「2人とも甘いですね。僕は裏で『負けないよ』って言いました」とやる気満々。しかし「ゲームの小さい文字が見えなくてメガネを持ってきました」と老眼鏡を手に苦笑い。

 いざ勝負が始まると、近藤はいきなり試合を放棄するボタンを触ってしまったそうで「間違えちゃったの。失敗したなぁ…」とがっくり。永島と中島の勝負がワンペンで決着すると近藤は「俺、ツーペアだったのに…。もう…」とボヤきが止まらず。最終的に負けてしまい「俺のカード弱すぎません?」とプチクレームを入れ、周囲を笑わせていた。