日本、中国、タイのキャストによる超絶エンターテインメント作品、『唐人街探偵 東京MISSION』(7月9日公開)。日本からは妻夫木聡、長澤まさみ、三浦友和、染谷将太、鈴木保奈美、浅野忠信らが参加した本作のメイキング映像が解禁された。撮影を進めていくうちに「アジアが一つになる」連帯感が現場で生まれていった様子が、チェン・スーチェン監督やキャスト陣のコメントからもうかがえる。

【動画】『唐人街探偵 東京MISSION』メイキング映像

 とある事件解決のために日本に呼び寄せられた中国の探偵コンビ、タン・レン(ワン・バオチャン)とチン・フォン(リウ・ハオラン)、日本の探偵・野田昊(のだ・ひろし/妻夫木)、タイの探偵で元刑事のジャック・ジャー(トニー・ジャー)といった4人の探偵。

 その重要参考人として事件の鍵を握るヤクザの組長・渡辺勝(三浦)、殺害されたマフィアの会長の秘書を務める小林杏奈(長澤)、美人双子姉妹・川村晴子と芳子(鈴木が2役)、謎の指名手配犯・村田昭(染谷)。事件解決率100%を誇るエリート警視正・田中直己(浅野)、そして事件をサポートする香港の女性探偵KIKO(シャン・ユーシエン)も密室殺人事件解決のミッションに挑む。国境の垣根を越えた探偵チームが挑む難事件の真相、そして事件の影に潜む謎の存在「Q」とは…?

 本作の撮影は横浜中華街だけではなく、新宿・歌舞伎町や秋葉原、浜離宮恩賜公園、東京タワー、虎ノ門など人気の名所ばかり。さらに名古屋や宇都宮、神戸や群馬といった全国各地で行われ、足利市には渋谷スクランブル交差点を再現したセットも登場するなど、日本の撮影ではなかなか見られない大規模なロケが敢行された。そのスケールの大きさを、このメイキング映像からも感じ取ってもらえるだろう。

 また、地下鉄車中での激しいアクションや、アーケード型商店街でのワイヤーアクションなど、中国から最新の撮影機材も持ち込まれ、規格外の撮影が行われた。妻夫木が「事件を解決しよう!」と言いながら扇子を飛ばしてしまい苦笑する貴重なNGシーンも盛り込まれている。

 さらに映像には、キャスト陣のコメントも登場。「日本と中国だけじゃなくてアジアが一つになるっていう、そういうものを映画の中で表現できたら」と妻夫木が語るように、撮影を重ねるうちに少しずつ一体感が生まれた本作。三浦も「言葉は少しずつ違うんだけれども一緒に物を作れるって言うのはとても感動しました」と明かし、浅野も「アジアみんなが一緒になって楽しめる映画だなと思っています」と本作への期待を寄せている。

(C)WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”