人気グループ・SixTONESの松村北斗が、西島秀俊&内野聖陽がダブル主演する人気ドラマの劇場版『きのう何食べた?』(11月3日公開)に、イケメン美容師役で参戦することがわかった。「元々ドラマを見ていたので『どこに入る隙があるんだ!?』というのが第一印象でした」と思ったそうだが、なんとシロさんとケンジの仲を揺るがす役どころ。撮影期間を振り返ると、「この先僕がお芝居を続けるにおいて、すごく大切な出会いだった」と語り、松村のターニングポイントとなりそうだ。

【動画】劇場版『きのう何食べた?』ティザー30秒映像

 料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)役の西島、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)役の内野をはじめ、小日向大策役の山本耕史、小日向の恋人・ジルベールこと井上航役の磯村勇斗など、ドラマ版で人気を博した個性豊かなキャラクターたちが総出演するほか、監督・中江和仁(『嘘を愛する女』)と脚本・安達奈緒子(『劇場版コードブルー』)のタッグも続投。劇場版でも、2LDK男2人暮らしのほろ苦くもあたたかい毎日と日々の食卓の物語を丁寧に描く。

 劇場版の新キャストとして加わった松村が演じるのは、誰に対してもズケズケと思ったことを言ってしまう口の悪さはあるものの、さっぱりとした性格で、コミュニケーション能力が高い美容師・田渕剛(たぶち・ごう)。ケンジと同じ美容室に勤めており、仕事帰りのシロさんが、仲睦まじい様子で並んで歩く2人の姿を目撃してしまう、ケンジとの関係性が気になる役どころだ。

 「田渕のような人って、いそうだけど実はいない人だなと思っていて、田渕のようになりたい人、知り合いたいと思う人がたくさんいるような、とても魅力的なキャラクターだと感じました」としながらも、「僕の性格を汲むと到底結びつくような役柄ではないと思いつつ、実は、僕自身、自分の芝居に対する考え方や壁も含めて、大事なものが詰まっているのが田渕をやらせていただいた期間」だったと振り返る。

 というのも、ケンジ役の内野からは相当刺激を受けたようで、「僕自身『お芝居を頑張りたい、上手くなりたい』という思いが、逆に自分をがんじがらめにしてしまっていて、家で台本をすごく読み込んで練習して、自分の中で正解を作りすぎて動けなくなっているということを、内野さんに、的確に見抜かれて…。その後控室でその考えをなくすようなトレーニングを一緒にやっていただいて、そこから台本の読み方だったり、家でやる役作りが変わりました」と、秘密の“特訓”をしていたことを明かす。

 『10の秘密』(20年)や『レッドアイズ 監視捜査官』(21年)などのドラマで着実に力をつけ、今年2月には、映画『ライアー×ライアー』でグループ初の主演を果たし、NHKの2021年度後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への出演も決定しているなど、俳優として勢いがつきはじめたばかり、これからの松村にとっては「この出会いは、この先僕がお芝居を続けるにおいて、すごく大切な出会いだったと感じています」と、話している。

 松村の起用理由について瀬戸麻理子プロデューサーは、「田渕くんという原作の人気キャラクターは、絶対に『ここぞ!』という場面で登場させたい、と連ドラのときからよしなが先生や脚本の安達さんにも相談していました。松村北斗さんはここ数年で一番気になっていた若手の役者さんで、その透明感と唯一無二の存在感が田渕くんにぴったりだと思い、オファーしました」と説明。

 続けて、「“ゴシップ好きで誰に対しても思ったことを素直に言ってしまうけれど、何故か嫌われない”という難しい役柄なのですが、松村さんはしっかり期待に応えてくれました。現場では内野さんと待ち時間も熱心に演技について語り合っていたのが印象的でした」と、松村の頑張りを認め、「『何食べ』ファミリーの秘密兵器」と称えている。

■松村北斗(田渕剛 役)コメント全文

 元々ドラマを見ていたので「どこに入る隙があるんだ!?」というのが第一印象でした。ドラマの時にメインのキャラクターは出揃っていて、チーム感もすごく感じていたので、正直戸惑いもあり、緊張が走ったのを覚えています。

 田渕のような人って、いそうだけど実はいない人だなと思っていて、田渕のようになりたい人、知り合いたいと思う人がたくさんいるような、とても魅力的なキャラクターだと感じました。原作ですでに知ってくださっている方には、僕の性格を汲むと到底結びつくような役柄ではないと思いつつ、実は、僕自身、自分の芝居に対する考え方や壁も含めて、大事なものが詰まっているのが田渕をやらせていただいた期間です。

 内野聖陽さんとの共演もとても刺激的でした。僕自身「お芝居を頑張りたい、上手くなりたい」という思いが、逆に自分をがんじがらめにしてしまっていて、家で台本をすごく読み込んで練習して、自分の中で正解を作りすぎて動けなくなっているということを、内野さんに、的確に見抜かれて…。その後控室でその考えをなくすようなトレーニングを一緒にやって頂いて、そこから台本の読み方だったり、家でやる役作りが変わりました。この出会いは、この先僕がお芝居を続けるにおいて、すごく大切な出会いだったと感じています。

 田渕という役をやれた期間は、自分にとってものすごく大事なので、1ミリでも、僕が田渕をやったということがこの作品に良く作用するといいなと願うばかりです。