お笑いコンビ・かまいたち(濱家隆一、山内健司)が、今年で41回目を迎える、日本テレビ系毎夏恒例『高校生クイズ』のメインパーソナリティーに就任。3年間務めた千鳥に代わって今年は2人が全国大会にて高校生を熱く応援する。起用を受け、濱家は「『ホンマに?』と」と驚いたといい、山内は「僕は、『ZIPみたいに濱家だけ(出演)じゃないよね。俺もだよね?』って不安になりました(笑)」とぶっちゃけた。

【写真】高校生クイズで快挙を達成した伊沢拓司の高校時代

 『ライオンスペシャル 第41回全国高等学校クイズ選手権』は、同じ学校に通う高校生が3人1組でクイズ日本一をかけて戦う全国大会。1983年に開始され今年41回目となる人気番組で、都道府県の1位チームを決めるスマホ予選と、代表チームが全国1位をかけて戦う全国大会が行われる。今年のエントリーは5月10日より開始され、「どこにいても参加できる」「ライブ配信」による、『全国どこでもスマホ一斉予選』が7月18日に開催。全国大会は8月に予定されている。

 千鳥からバトンを受け継いだ濱家は「歴代の方々が素晴らしい形でこの番組を盛り上げていらっしゃったので、プレッシャーはありますが、楽しんでやりたいなと思っています」と意気込み。「子どもの頃から見ていた由緒正しい番組にメインとして携わらせてもらうというのは、本当にうれしいです。大役だなという感じです」と喜び、山内も「40年近く続いている誰もが認める番組なので、参加できるというのはとても光栄です」と感激した。

 メインパーソナリティーとしてしてやってみたいことについて山内が「できればですけど…『ちっちゃい声で答えを言ってあげたい!』」と挙げると、濱家は「アカンやろ!」とツッコミ。山内は「聞こえる人にだけ聞こえるように…」と食い下がるも濱家は「前の人が得やないか!」と呆れた。山内は「答えを教えるのがだめなら、一生記憶に残るぐらいの大会にできたらいいなと。あの時めっちゃおもろかったな、冴えてたな俺みたいな」と全力さサポートを誓った。

 ちなみに大会は3人1組での参加。かまいたちにもうひとり加入させるなら…という質問に濱家は「(キングオブコント2016で優勝した)ライスの関町ですね。場が楽しくなるんで」と回答。山内も「確かに関町がいたらどうにでもなりそう! 落ち込んでたら励ましてくれそうだし、喜んでたら一緒になって喜んでくれそうなので。ただ、クイズへの期待はしてないです」と言い切っていた。

 高校生に向け、濱家は「勝っても負けても高校時代に友達とやったことは楽しい思い出になるんで、ちょっとでも興味があったら一度エントリーしてもらえたらと思いますね。どんどん応募してほしいと思います!」と呼びかけ。山内は「今振り返ってみると、『やらなければ良かった』って思い出はあんまりないんですよね。『もっといろいろなことをやってても良かった』って思うことのほうが多いので、もし時間とタイミングが合うなら、ぜひ高校生クイズに参加してみてください。やってみると絶対楽しくて記憶に残る思い出になると思います!」と熱くメッセージを送った。

 また、19日には『高校生クイズ 練習大会』と題して午後6時からZOOMを使用した双方向配信イベント&クイズ大会を実施。メインサポーターの日向坂46から齊藤京子、金村美玖、河田陽菜、高橋未来虹が参加予定。また『日テレ公式YouTubeオリジナル動画』として連続配信企画『高校生クイズ2021 QuizKnock vs 日向坂46』が13日からスタート(毎週日曜 後4:00配信予定※全6回)。最終回は7月18日の予選大会にて配信される。参加者はQuizKnockの伊沢拓司、ふくらP、こうちゃん、山本祥彰、そして日向坂46の佐々木久美、影山優佳、金村美玖、丹生明里、渡邉美穂、上村ひなのら。