実業家でカリスマホストのROLAND(ローランド)が9日、都内で行われたポップアップストア『HANKYU MEN'S TOKYO × CHRISTIAN ROLAND POP UP STORE』の記者会見に出席した。

【写真】人気のジャケットなどを取り揃えた店内 ローランドは全身黒コーデ

 ローランドが昨年に立ち上げたアパレルブランド『CHRISTIAN ROLAND』は、「MINIMUM LUXURY ~最小限にして最高級~」がコンセプト。東京・有楽町の「阪急メンズ東京」内で期間限定オープン(9日~15日)するポップアップストアでは、マスク・Tシャツ・エコバックなど、生活必需品を中心に、人気のジャケットやデニムをそろえている。

 ローランドは「利益を考えたら消費してもらえる方がうれしいけど、我々のブランドに関して言えば、とっておきの一着を選んでそれを長く使ってほしい。それがサスティナブルにつながるのかな」とアピールした。

 また、コロナ禍でのホスト業について「コロナ禍が落ち着いてからではないと再開できない。個人的な予測では来年になるのかな」とし、業界全体については「直接会うということの意味合い、価値が向上していくと思う。そろそろホストの存在意義が議論されると思うし、一部のホストしか生き残れない時代にはなってくると思うけど、業界として廃れることは永遠にないのかなと思ってます」と話していた。