女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHKの2022年前期連続テレビ小説『ちむどんどん』(106作目)に、石丸謙二郎が出演することが8日、NHKドラマ公式ツイッターなどで発表された。

【写真】『ちむどんどん』のヒロイン・比嘉暢子を演じる黒島結菜

 本作は来年2022年に本土復帰50年となる沖縄が舞台。黒島は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

 石丸が演じるのは、暢子の大叔父・比嘉賢吉。同じ村で暮らすサトウキビ農家。頑固な性格で、暢子たち家族の経済的な心配を常にしている。

 石丸は「20数年前から、沖縄本島や八重山諸島の島々に毎年通いつめ、海に潜ったり、自転車で島めぐりをしたり、釣りをしたりと、楽しんでいます。サトウキビ刈りの手伝いで、連日汗をかいたこともありました。こんな大変なことをしている方たちのおかげで泡盛が呑めるのかと、こうべをたれたこともあります。お墓の周りで唄い踊る島人の笑顔が大好きです。きびしい自然と政治のはざまで、明るさだけは失わないシマンチュの誇りを伝えられればと思います」と沖縄が舞台の作品に出られる喜びを語る。

 続けて「初めて朝ドラに出演したのが『澪つくし』です。最近、再放送のおかげで、若かりし頃の姿と芝居を拝見しました。役者とは、その資質はいつまでたっても変わらないものなのだとの発見がありました」と朝ドラへの思い出を話した。

 先週1日には、ヒロインの父、母、4つ上のニーニー(兄)、3つ上のネーネー(姉)、妹の家族のキャストが発表され、父役を大森南朋、母役を仲間由紀恵、兄役を竜星涼、姉役を川口春奈が演じることがわかった。きょうは、沖縄の人々、来週は暢子が上京して、東京や横浜・鶴見で出会う人などが発表される。

 脚本は、連続テレビ小説『マッサン』やドラマ『昭和元禄落語心中』などを手掛けている羽原大介氏。語りはジョン・カビラが担当する。クランクインは今秋予定。