人気グループ・Hey! Say! JUMPの八乙女光、伊野尾慧が、8月12日に放送されるNHK特集番組『#あちこちのすずさん ~コロナ時代を生き抜く 暮らしの知恵(仮)』にてMCを務めると8日、発表された。戦争を生き抜いた庶民の生活を描いた、映画『この世界の片隅に』(2016)の主人公・すずさんのような エピソードを探して#(ハッシュタグ)で投稿する「#あちこちのすずさん」プロジェクト。3年目の参加となる2人は今年、新型コロナ禍で高齢者と若者のつながりが薄れるなか、戦争中の「生活の知恵」を媒介に世代間をつなぐ同番組に出演する。

【画像】『#あちこちのすずさん』連携社MAP

 今年のプロジェクトにおける、大切にしたいテーマは「不自由な時代を生き抜いた生活の知恵」。感染拡大によって世界中が必ずしも“平和”とは呼べない日常のなか、たとえば“マスク警察”などに象徴される息苦しい空気は、ともすれば“ぜいたくは敵”“隣組による監視”が日常に入り込んでいた戦争の時代を彷ふつとさせる。では、戦争という究極の困難を先人たちはいったいどう生き抜いたのか。

 当時の生活の中にあった「苦難を切り抜ける知恵」「失敗しても笑いで切り抜けた話」など、新型コロナ禍の現在にも通ずる、ちょっとしたエピソードを募集。「“ぜいたくは敵”と教育された祖母。防空頭巾の裏にリボンをつけ、小さなオシャレで自分を鼓舞したそうです」(20代女性)、「音楽好きの曽祖父は、戦場にいても毎日必ず、手帳にオリジナルの作詞を書き続けたそうです」(30代男性)など当時を生きた人たちの“我慢強く、かつ、したたかな精神”を知ることが、今を生き抜くヒントにつながるのでは。

 8月12日には特集番組のほか、ラジオやテレビの定時番組とも連携。さらに、感染リスクから“身近なすずさん”たちとのつながりを持てない若者たちに、オンラインですずさんとの交流を促すワークショップも開催、その様子を番組で紹介する。特集番組では、プロジェクトサイトやツイッターに投稿されたエピソードを選んでアニメ化。スタジオで受け止める。出演は戦争中の生活や文化に詳しい『この世界の~』の片渕須直監督、祖父母の世代の体験を次世代に伝えたいという千原ジュニアら。

■出演者コメント

<片渕須直>
戦時中を生きた人は、大なり小なり、個人としての可能性を奪われるという意味で不幸な目に遭っています。本来ならどんな可能性があったのか。戦争が奪い去ったものとはなんだったのか。 そうしたことを考えるために、その時代に生活した人々の姿をたくさんたくさん知っておきたい。たくさんのすずさん、あちこちのすずさんのことを。

<千原ジュニア>
こんなに持ち帰らせていただくものが多い番組は他には無いと毎年実感しております。
戦争を経験していない世代の自分が戦争のことを語って良いのか、という想いも持ちつつ
普段通りの生活ができづらいこの状況に溺れているからこそ、当時の不自由な生活の記録から学んだり気付かされることがあるのでは、という思いで今年も取り組ませていただきます。

<八乙女光・Hey! Say! JUMP>
僕たちがこのプロジェクトに参加して3年目となりました。これまでの特番で印象に残っているのは、「戦時中に野草を食べていた」という投稿を実際に体験すべく、野草をゆがいて食べさせてもらったこと。 苦いものもあ りましたが、当時は「味があるだけで幸せだった」というお話が印象に残っています。

<伊野尾慧・Hey! Say! JUMP>
僕は去年とおととし、一度も会ったことのない兵士と文通をしていた93歳のおばあちゃんにお話を伺いました。 実際にお手紙も拝見し て驚いたことを覚えています。もしみなさんの周りでエピソードをお持ちの方がいたら、ぜひ話を聞いて僕たちに教えてください!もしかしたら、僕たちが直接お邪魔するかもしれません。

<春日真人チーフプロデューサー>
今、若者たちの投稿に「自分たち以上に過酷な青春を生きてきた祖父母や曽祖父母に勇気づけられる」という声が増えています。取材してみると“すずさん”たちが持つ「戦争の時代を生き抜いた知恵や勇気」は現代にも通じる普遍性を持つことに驚かされます。新型コロナ禍の中で引き裂かれる“若者世代と高齢者世代のつながり”。今年のプロジェクトは去年に引き続き、そのつながりを取り戻し、家族や地域のコミュニティを元気にすることに挑みます。