50代を目前にミッドライフ・クライシス(中年の危機)に陥り、その中で人生後半戦を歩み始める中年男性の悲哀と再生をあたたかくユーモラス描いたハートフルな映画『47歳 人生のステータス』。スターチャンネルの映画レーベル″STAR CHANNEL MOVIE”作品として、11日より、動画配信サービス「MIRAIL(ミレール)」「Amazon Prime Video」「U-NEXT」で公開される。

【動画】ベン・スティラー&オースティン・エイブラムスのインタビュー映像

 申し分ないキャリアと幸せな家庭を手に入れている47歳の中年男性ブラッドは、大学進学を目指す息子と2人でボストンへ向かう。その旅で経済的にも社会的にも成功した旧友たちと再会したブラッドは、次第に自分が築いた家族や仕事が果たして最高のものなのかと疑問を抱き始め、自分の人生を見つめ直していく――というストーリー。

 47歳の主人公ブラッドを演じるのは、映画『ナイト ミュージアム』『LIFE!/ライフ』などの名優ベン・スティラー。このたび、息子・トロイ役のオースティン・エイブラムスとともにインタビューに応える映像が解禁された。さらに、ベン・スティラーから日本での上映に際したコメントも届いている。

 なお、オースティン・エイブラムスはキャリア5年目にしてオーディションで本役に選ばれた新進気鋭の俳優。『ウォーキング・デッド』(2010年~)、HBOの『シリコンバレー』(14~19年)、「ユーフォリア/EUPHORIA」(19年)などに出演。映画では、『スケアリーストーリーズ 怖い本』(19年)など。Amazon Prime Videoの『ケミカル・ハーツ』(20年)、Netflixの『ダッシュ&リリー』(20年)では主演を務めている。

 特別インタビューでは、ベン・スティラーとオースティン・エイブラムスが、出演のきっかけやマイク・ホワイトが今作で描いた“隣の芝生は青い”というテーマについて語っている。「才能のある監督が思いきった賭けに出た作品」「SNSであれこれ投稿を見ているうち、人生の1時間を無駄にしている」など、見どころ・聴きどころもたっぷりだ。本作のプロデューサーが「完璧なペア」と称した親子役の2人の家族的な雰囲気が、この穏やかで息のあったインタビューにも表れている。

■ベン・スティラーからのコメント
 この映画の雰囲気は、偽りがなくて、面白く、そしてスマート。僕らはただ “どうしたら幸せになれるのか”を知りたいだけなんだけど、周りには幸せや成功がどういうものだという考えがあふれている。インターネット・テレビ・広告や一般的な文化を通してでさえ、僕らは他人の理想的な生活に常に晒されていて、自分たちと比較するんだ。「君もよくやってると思うけど、でもあそこにいるあの男見てみろよ!」みたいなね。

 (この映画で)僕らはブラッドの息子とのつながりや、自己の不安との繋がりの中を覗いている。トロイの方が、はっきりした自己意識を持った人物。彼はまだ世間から影響を受けていないんだよね。ブラッドは失敗や成功、拒絶を経験している。これらの点ではトロイよりも優れている。監督はそれを取り入れ、批評せずに、繊細な方法で考察しているんだ。

 マイク・ホワイトがこの作品を監督したがっていたから、とても楽しみにしていたよ。彼は脚本に多くの時間を割き、どう聞こえ、感じ、見えるべきかという細部にまで行き届く感覚を持っている。(現場では)自分の意見を持つ俳優たちを信頼し、執拗になったり厄介にならずに、欲しいものを手に入れる。それに、彼は面白くてダークでシニカルなユーモアのセンスを持っているんだ。

■視聴方法の詳細は公式サイト
https://star-ch.jp/starchannel-movies/detail_047.php
価格:通常価格1200円(税込)/MIRAILのみ47歳限定特別割引価格470円(税込)
※購入から48時間視聴可能
※MIRAILのみ「特典映像アフタートーク」付きバージョン(監督・出演者インタビュー)