8日放送のカンテレ・フジテレビ系ドキュメントバラエティー『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)では、アニメ『鬼滅の刃』の音楽を椎名豪氏と共同で手がけ、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では主題歌『炎』をLiSAと共作した作曲家・梶浦由記氏に密着する。

【動画】梶浦由記氏の7つのルールに迫る

 『機動戦士ガンダムSEED』のエンディングテーマ、『魔法少女まどか☆マギカ』の劇中音楽など、アニメを中心に多くの話題作を生み出し、北野武監督『アキレスと亀』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』など、映画やドラマの劇伴でも活躍する梶浦氏は、今年3月「日本アカデミー賞最優秀音楽賞」を連名で受賞。

 そんな、梶浦氏の音楽の原点は、幼少期を過ごしたドイツで、オペラ好きの父親のために弾いたピアノ伴奏。日本に帰国後もピアノを続け27歳で「See-Saw」としてメジャーデビューしたが、鳴かず飛ばずの日々だった。その頃、レコード会社からの依頼で書いたインストゥルメンタル曲が、映画監督・市川準の耳に留まり映画『東京兄妹』の劇中音楽を任された。これを機に、アニメにも活躍の場を広げた彼女は「大好きだったオペラや歌曲の世界がここで表現できる」と劇中音楽の魅力に気づいたという。

 梶浦氏は「BGMが作品より人の耳を奪ってはいけない」と、曲作りへのこだわりを告白。シーンに合わせて、状況説明や登場人物の感情を巧みに表現する音楽は“梶浦ワールド”と呼ばれ「唯一無二でハリウッド映画でもやらない手法」「作品の感情部分に深く陰影を持たせてくれる」と、制作スタッフも絶大なる信頼を寄せる。オファーが絶えず、長年第一線を走り続ける梶浦氏の音楽はどのように生み出されるのか。

 今回カメラは、今秋公開予定のアニメ『劇場版 ソードアート・オンライン‐プログレッシブ‐星なき夜のアリア』の音楽制作現場に密着。約1ヶ月の制作期間に50曲近く作り上げるが、作業場やレコーディングスタジオで、一切の妥協を許さないストイックな素顔に迫る。梶浦氏は「音楽の発注をいただいたということは、世界でその物語に音楽をつけていいのは私だけ。こんな幸せな仕事はない」と話す。唯一無二の感情を揺さぶる音楽で、映像作品に命を吹き込む梶浦氏の“7つのルール”に迫っていく。