韓国歴代興行収入10位にランクインした『7番房の奇跡』のイ・ファンギョン監督による新作『BEST FRIEND(英題)』が、『偽りの隣人 ある諜報員の告白』の邦題で9月17日より、シネマート新宿(東京)ほかで全国公開されることが決まった。

【写真】『第57回 百想芸術大賞』授賞式の模様

 本作で約2年ぶりに俳優復帰したオ・ダルス(『国際市場で逢いましょう』)をはじめ、数多くの作品に出演するチョン・ウ(『王の預言書』『善惡の刃』)やキム・ヒウォンなど、韓国を代表するベテラン俳優陣が出演し、本国では初登場1位を記録。自宅軟禁された政治家と監視する諜報員の“正義”を描いた社会派ヒューマンサスペンス。

 1985年、軍事政権下の韓国。国家による弾圧が激しさを増す中、次期大統領選に出馬するため帰国した野党政治家イ・ウィシク(オ・ダルス)は空港に到着するなり国家安全政策部により逮捕され、自宅軟禁を余儀なくされた。

 諜報機関はウィシクを監視するため、当時左遷されていたものの愛国心だけは人一倍強いユ・デグォン(チョン・ウ)を監視チームのリーダーに抜てき。デグォンは隣家に住み込み、24時間体制の監視任務に就くことになった。機密情報を入手するため盗聴器を仕掛けたデグォンだったが、家族を愛し、国民の平和と平等を真に願うウィシクの声を聞き続けるうちに、上層部に疑問を持ち始める。そんな矢先ウィシクとその家族に命の危険が迫っていた――。

 ポスタービジュアルでは、監視チームのリーダー、ユ・デグォン(チョン・ウ)がヘッドフォンを装着し、隣家で暮らす野党政治家イ・ウィシク(オ・ダルス)一家の自宅を、神妙な面持ちで耳を澄ませ盗聴している姿が切り取られている。「聴こえてきたのは、家族の笑い声、禁じられた歌、そして男の信念だった――」というコピーが並び、背景には市民と警官が乱闘する風景も。国家による弾圧が激しさを増す激動の時代に、デグォンが見つけた“正義”とは? その結末に興味をかき立てられるビジュアルとなっている。