お笑いコンビ・サンドウィッチマンがパーソナリティーを務めた、3月11日放送のニッポン放送『サンドウィッチマンのオールナイトニッポン(ANN)』(深1:00)が、第47回放送文化基金賞のラジオ部門・優秀賞を受賞した。

【番組写真】震災から10年のタイミングで放送された『サンドウィッチマンANN』

 東日本大震災から1週間、2011年3月18日の深夜1時から放送された『ANN』でパーソナリティーを務めたサンドウィッチマン。この急きょ、放送された特別番組は、緊急報道、ライフラインに関する情報が続いた地元・宮城県の東北放送でも放送された。被災者に寄り添った言葉を届けるべきなのか、お笑いを届けるべきなのか迷った上で放送に臨んだ2人。それから 10 年。東北魂を掲げて取り組んできたサンドウィッチマンが東日本大震災から10年を迎えた当日に、再び『ANN』のパーソナリティーを担当。この10年に感じたことや今の想いをダイレクトに伝えた。

 放送文化基金賞は、公益財団法人放送文化基金により、優れたテレビ、ラジオ番組や個人・グループに毎年贈られる賞で、今回は2020年4月~21年3月の期間内に放送された番組が対象。『サンドウィッチマンANN』が受賞した優秀賞は、最優秀賞に次ぐ、全国で2番目の賞となる。

 同番組を担当したニッポン放送の冨山雄一プロデューサーは、「番組は一夜限りの特番でしたがこの10年、ニッポン放送にてラジオ番組『サンドウィッチマンの東北魂』を担当し、東北各地の様子や東北で暮らす方々と電話をつなぎながら、明るく楽しく声を届けてくれたサンドウィッチマンの積み重ねが今回の2時間につながったと感じております」と話している。