俳優の西島秀俊が主演を務めるテレビ東京系の連続ドラマ『シェフは名探偵』(毎週月曜 後11:06)の第2話が、14日に放送される。

【場面カット】濱田岳&石井杏奈が心配そうな顔で見つめる…

 今作で主演の西島は、小さなフレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ・三舟忍を演じる。冷静沈着そして穏やか、一見何を考えているかわからない。でも実はすぐにお節介を焼いてしまうシェフの三舟が、人並み外れた洞察力と推理力で、訪れた客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎を解くグルメミステリードラマを展開していく。

 そんな異色シェフの三舟を取り巻く個性豊かな顔ぶれとして、「ビストロ・パ・マル」で一番新人のギャルソン・高築智行を濱田岳、三舟の片腕を務めるスーシェフ(副料理長)・志村洋二を神尾佑、ワイン好きが高じてOLからソムリエに転職した金子ゆきを石井杏奈が演じる。

■第2話のあらすじ

常連客・御木本遥から予約の連絡が。メインは“ガチョウのコンフィのカスレ”希望だという。同席する人気エッセイスト・寺門小雪のリクエストらしいが、なぜガチョウなのか…?

また原杏子と大島圭一が来店したある夜。食事中に大島がプロポーズした。無事成功するがその後思わぬトラブルが――。そんな小雪と大島の苦悩に何かを感じた三舟忍は、またもお節介を焼く。