シンガー・ソングライターの山下達郎が1991年に発表した10枚目のオリジナルアルバム『ARTISAN』の最新リマスター盤が、8月18日に発売されることが決定した。あわせて今春撮り下ろした新アーティスト写真も公開された。

【ライブ写真】ターンテーブル上で竹内まりや&山下達郎がしっとりと

 『ARTISAN』(職人)のタイトルにふさわしく、音作りや演奏のほとんどを山下一人でこなし、流行を追わずにオリジナリティーのある、自由な音世界を求めた作品。「アトムの子」「さよなら夏の日」「ターナーの汽罐車」「Endless Game」など、山下のライブでもおなじみの代表曲が収録された傑作で、オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。

 発売30周年を迎えて発売される今回のリマスター盤は、山下が監修し2021年最新リマスタリングが施された。ブックレットには山下本人によるライナーノートも掲載。ボーナストラックも複数曲収録予定となっている。

 CDとあわせてアナログレコードも同時に発売されることが決定。2枚組、180グラムの重量盤仕様となる。『ARTISAN』は91年の発売当初、アナログ盤はリリースしていなかったため、本作がアナログ盤で発売されるのは初となる。

■『ARTISAN -30th Anniversary Edition-』
01. アトムの子
02. さよなら夏の日
03. ターナーの汽罐車 -Turner's Steamroller-
04. 片想い
05. Tokyo's A Lonely Town
06. 飛遊人 -Human-
07. Splendor
08. Mighty Smile(魔法の微笑み)
09. “Queen Of Hype” Blues
10. Endless Game
11. Groovin'