お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、6日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。開幕が迫ってきた東京オリンピックについて、丸川珠代・五輪担当相や橋本聖子・東京オリパラ組織委員会長の発言について「どんどん国民を分断させていく」と疑問を呈した。

【写真】千鳥とツマミ話を楽しむ松本人志

 東京五輪については、新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が「こういう状況で何のためにやるのか」と懸念を示し、丸川珠代五輪担当相は「われわれはスポーツの持つ力を信じて今までやってきた。別の地平から見てきた言葉をそのまま言っても、なかなか通じづらいというのが私の実感です」と見解を述べるなど、平行線となっている。

 松本は「我々はなんとしてでも選手の命を守る」といった発言について「あれを言うからみんな気持ちが変になっていく、これって何のために言ってんねんやろって思う。本人たちはそういう意識ないのかもしれないけど、オリンピックを反対している人たちに言ってるんじゃないですよね。オリンピックをやろうて言うている人たちにネジ撒いてるというか、『あなたたちもっと声を上げて、オリンピック反対している人達の声を聞こえなくしてくれ』っていうね」と指摘。

 賛成派と反対派の分断が広がっていく危険性があり、「全然平和の祭典からかけ離れていく発言やと思うんですよ」と持論を述べ、「ああいうのって、小池(百合子・東京都知事)さんは言わないですよね、うまいから」と付け加えた。

 また、「コロナの立場になって、あいつらが一番嫌がることをやっていくっていうことを考えたほうがいいのではないのかなと思います」と“コロナ目線”での検討も必要だと指摘。「そこを考えると、なんとなく答えが見つかってくるような気がする」と語った。