アイドルグループ・22/7(ナナブンノニジュウニ)の1stアルバム『11という名の永遠の素数』(7月14日発売)のCDジャケットイラストが公開された。

【ジャケ写】渋谷駅から定期公演に向かうナナニジを描き下ろし

 シングル「僕が持ってるものなら」同様、堀口悠紀子氏監修のもと、アニメーション映画『センコロール』を手がけた映像作家・宇木敦哉氏がイラストを描き下ろし。11人のキャラクターが、東京・渋谷駅から2019年に毎月定期公演『ナナニジライブ』が行われていた会場のSHIBUYA PLEASURE PLEASURE(旧マウントレーニアホール)へ向かう姿が、形態別に描かれている。

 「ナナニジ」こと22/7は、2017年9月20日に1stシングル「僕は存在していなかった」でデビューし、約3年半で7枚のシングルをリリース。オリコン週間シングルランキングでは3作連続で2位を獲得中で、2月に発売された7thシングル「僕が持ってるものなら」では自身初の10万枚出荷を突破し、満を持してのアルバムリリースとなる。

 6月30日にはSHIBUYA PLEASURE PLEASUREから、アルバムのリリースイベントを配信することも決定している。