俳優・松重豊が主演を務めるテレビ東京系ドラマ『孤独のグルメ』。7月から金曜深夜のドラマ24枠にて「シーズン9」(深0:12~)の放送が7日、決定した。

【画像】『孤独のグルメSeason9』の書影

 原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名人気コミックをドラマ化した同シリーズは、輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

 2012年1月、深夜にひっそりと放送がスタートするや、食欲をそそる料理と五郎の大胆な「食べっぷり」や「心の声」が話題となり、人気に火が付いた。シーズン9では、家族経営などの小さなお店をメインに、コロナ禍で再注目&再評価される“独り飯”をさらに掘り下げ、お腹も心も満たしてくれる飲食店と主人公の物語を展開。選りすぐりのお店と共に、かつて訪れた懐かしのお店も再訪し、果たして五郎はどんな街で、どんな絶品グルメと出会うのか――。

<松重豊>
――「シーズン9」決定を聞いた時の心境を教えてください。
この1年以上、まともに外食していません。収録とはいえ、堂々と外で食べられるということに喜びました。

――シリーズ開始から9年。井之頭五郎を演じる上で何か変化はありますか?
老けました。もう痛々しいから辞めろという声が聞こえてきたら、辞める覚悟は出来ています。

――「シーズン9」への意気込み、視聴者へのメッセージをお願いします。
『孤独のグルメ』は、飲食店の方々と共にあります。事態がひっ迫すれば最終回まで完食できません。皆さまの感染対策に支えられています。後半過去の再放送でお茶を濁すことが無いよう完走を目指します。