先月28日にアイドルグループ・AKB48を卒業した峯岸みなみが、5日放送のフジテレビ系バラエティー『大冒険クラフトバラエティー ゼロイチできんのか!?』(後9:30)に出演。「ゼロからものを作る」という同番組で、本田望結&紗来姉妹のリクエストを受けて“イチゴパフェ”をゼロから作っていく。

【写真79点】たかみな、こじはる、優子、ともちん、麻里子さまも…神7続々登場

 一見すると簡単そうなミッションに思えるのだが、この番組はそう甘くない。イチゴパフェの中に入っているイチゴはもちろん、コーンフレーク、アイス、イチゴジャム、などの食材はもちろん、なんとパフェが盛りつけてあるガラスの器にスプーンまで、すべてゼロから作りあげるのだという。しかも、リサーチから場所のアポ取りまで全て峯岸自らが行う。アイスと一言で言っても、牛乳、砂糖、卵で作られており、それぞれすべてを自らの力で手に入れなければならない。牛乳は北海道まで搾りに行き、砂糖は沖縄でサトウキビを収穫。それをミキサーにかけて汁を搾り、湯煎(ゆせん)で砂状になるまで練り上げていく、あまりに手間のかかる途方もない作業に、峯岸は涙がこぼれる。

 さらに、最も大変な作業がパフェ用のガラス器作り。ガラスの材料となる、キレイな砂・砕いた貝殻・海藻の灰をたったひとりで集めることから始めなくてはならない。もちろん材料を集めるだけではガラスはできず、そこからいくつもの行程を経て、ようやくガラスを完成させる事ができる。完成までは想像を絶する道のりになりそうだが、総移動距離9702キロ、総制作時間183時間かけて、なんとかイチゴパフェをゼロイチで完成させたが、その味はいかに。

 番組にはそのほか、小島よしお、生見愛瑠、高地優吾(SixTONES ※高ははしごだか)、チョコレートプラネット、ハイジ(新鮮なたまご)も出演する。