『第92回アカデミー賞』国際長編映画賞の審査対象となったモロッコ代表作『ADAM(英題)』が、『モロッコ、彼女たちの朝』の邦題で、8月に全国公開されることが決定。日本でモロッコの長編劇映画が劇場公開されるのは、今作が初となる。

【動画】映画『モロッコ、彼女たちの朝』予告編

 地中海に面する北アフリカの「魅惑の国」モロッコ。この国の女性監督として初めてアカデミー賞モロッコ代表に選ばれたのは、新星マリヤム・トゥザニ監督。過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに作り上げた長編デビュー作だ。

 カサブランカのメディナ(旧市街)で、女手ひとつでパン屋を営むアブラと、その扉をノックした未婚の妊婦サミア。それぞれに孤独を抱えていたふたりだったが、丁寧に捏ね紡ぐ伝統的なパン作りが心をつなぎ、やがて互いの人生に光をもたらしてゆく。モロッコの伝統的なパンや焼き菓子、幾何学模様が美しいインテリア、軽やかなアラビア音楽…、あふれる異国情緒とともに、親密なドラマが描き出される。自分らしく生きると決めた彼女たちが迎える朝の景色とは――。

 家父長制の根強いモロッコ社会で女性たちが直面する困難と連帯を、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたという質感豊かな色彩と光で描き、「飾り立てず、それでいて芸術的」(The Age)、「心打たれる」(Los Angeles Times)、「繊細な絵画のよう」(World Film Reviews)、「美しさと強さを兼ね備えた映画」(euronews)と、2019年のカンヌ国際映画祭を皮切りに、世界中の映画祭で喝采を浴びた。

 本作の製作・共同脚本を手がけたナビール・アユーシュは、アラブ圏を代表する映画監督の一人で、トゥザニ監督の夫でもある。主演を務めたのは、『灼熱の魂』で世界各国の映画賞を受賞し、一躍注目を集めたルブナ・アザバルと、日本初紹介のニスリン・エラディ。アラブやヨーロッパを拠点に活躍する人気女優のふたりの共演は「素晴らしい演技」(Screen)、「言葉よりも一つ一つの仕草が彼女たちを物語る」(Los Angeles Times)と絶賛された。

 この度解禁された予告編は、アラブ音楽にのせ、ふたりの女性の出逢いから幕を開ける。行くあてのない妊婦のサミアを家に招き入れた、パン屋を営むアブラ。孤独を抱えた二人は、モロッコの伝統的なパン作りを通して互いに心を通わせていく。

 「お腹の子は私と居ても幸せになれない」と嘆くサミアに、「後悔する別れだけは選ばないで」と過去の喪失を打ち明けるアブラ。運命に翻ろうされながらふたりの女性の人生が再び動き出す、始まりを感じられる予告となっている。

 ポスタービジュアルでは、陽の光に照らされて微笑むアブラとサミアの傍に、「どうか、心のままに――」というコピーが浮かぶ。カラフルな布やターバン、笑顔でこちらをのぞく娘のワルダ、オーブンで焼きたてのビスコッティなども目に楽しい、未来への希望が感じられるビジュアルとなっている。

 場面写真では、(1)ふたりが粉の様子を確かめながらパンを作る姿、(2)エキゾチックなインテリアの部屋でサミアが赤子を見下ろす姿、(3)アブラと娘のワルダがキッチンで夕食の準備をするシーンなど、パン屋で起こる人間ドラマを垣間見ることができるほか、(4)カサブランカの旧市街らしい白壁と細い路地を歩くサミアや、(5)繊細な幾何学模様が素敵な壁紙といった異国情緒あふれる景色で、モロッコへの旅情も誘う。