都市伝説ホラーアニメ『闇芝居』の九期が、テレビ東京で7月から放送予定であることが発表された(放送時間未定)。身の回りの怪奇な都市伝説をテーマに、現代では珍しくなった“紙芝居”をデジタル表現で見せる昭和テイスト満載の新感覚ホラーショートアニメシリーズ。九期は、時を司る干支をテーマに新たな恐怖を描く。引き続き、紙芝居屋の“おじさん”を演じるのは津田寛治。なじみある語り口で、視聴者を恐怖の世界へと誘う。

【写真】先行場面カットなども解禁

 そのほか、テレビや映画、舞台で活躍中の新納敏正、松村泰一郎、沢井正棋、若手俳優の木津つばさ、大海将一郎、篠田諒、そして、声優の岡咲美保や成瀬瑛美、MoeMi、太田彩華、アイドルの空野青空(でんぱ組.inc)、蔀祐佳(リルネード)、GEMS COMPANYから星菜日向夏、奈日抽ねね、長谷みこと、赤羽ユキノら、バラエティに富んだキャストが声の出演をする。

 スタッフには、ホラー作品に造詣が深いクリエイター陣が再結集。脚本は、「闇芝居」シリーズを数多く手掛ける熊本浩武、舞台演出家の佐々木充郭、前作に引き続き石上加奈子、初参加となるニシオカ・ト・ニールらが担当。

 作画は、あ可よろし、海老原優、武藤聖馬、初参加となる一松慧、Eisuke.Miura、Kensuke Takahashi、jimmy、菅谷孝一、ナカガワオダジ、まつばらあつし、横山恵、渡邉柊、らが担当する。演出は、一期より制作を行うILCA。

 九期の放送決定を記念し、配信オリジナルの縦型アニメを特別編として制作。今夏の公開を予定している。縦に長い画面ならではの斬新なホラー演出にも期待したいところだ。

■『闇芝居』の歴史
2013年7月、「深夜のテレ東で突然はじまる紙芝居ホラー」として都市伝説的な反響を呼んだ。
2014年7月、Jホラー界の巨匠らをゲスト監督に迎えて更なる恐怖演出を施した二期放送。
2016年1月、100体を超える不気味なクリーチャー達による惨劇を描いた三期放送。
2017年1月、語り手となる紙芝居屋のおじさんの声に13人の超個性派俳優を起用した四期放送。
2017年4月、物語の舞台を世界に広げた初のスピンオフ作品『世界の闇図鑑』放送。
2017年7月、女性脚本家陣の手によって“女流ホラー”を確立した五期放送。
2018年7月、自然現象を題材に独特な雰囲気を醸し出す異様な世界観を打ち出した六期放送。
2019年7月、“閉ざされた空間”に恐怖要素の全てを詰め込んだ七期放送。
2020年7月、世に蔓延る“闇”と若き忍者達との死闘を描くスピンオフ作品『忍者コレクション』、同9月には アニメ『闇芝居』を原作とするシリーズ初の実写ドラマ『闇芝居(生)』放送。
2021年1月、現代社会の閉塞感と“みえない恐怖”を独自の視点で描いた八期放送。
2021年7月、時を司る干支をテーマに新たな恐怖を描く九期の放送が決定。

■番組公式ホームページ
ani.tv/yamishibai9/