人気グループ・ジャニーズWESTの重岡大毅が主演する、7月スタートのTBS系連続ドラマ『#家族募集します』(毎週金曜 後10:00)において、重岡、木村文乃、岸井ゆきの演じるシングルファーザーとマザーたちの息子・娘の子役が決定。重要な役どころのため、制作陣は3ヶ月をかけて厳正なオーディションを実施。およそ400人の子役がエントリーするなかから抜てきされた子どもたちが、このほどポスター撮影において、それぞれ3人と初対面を果たした。

【写真】木村文乃と娘役・宮崎莉里沙ちゃんの2ショットも公開

 今作はそれぞれに悩みや秘密を抱える新米シングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマ。脚本はドラマ『山田太郎ものがたり』(2007)、『カンナさーん!』(2017)などを手掛けたマギーによるオリジナルストーリーで、“家族とは何か”“家族といる時間の大切さ”をハートフルに紡ぐ。

 主人公の赤城俊平(重岡)の息子で、人見知りで甘えん坊な赤城陽(あかぎ・はる)には佐藤遙灯(さとう・はると)が起用。子ども好きで“息子”との対面を心待ちにしていたという重岡は、「かわいいなぁ~」と早速パパモード全開で顔をほころばせていた。子どもと同じ目線で話しかけ、撮影の合間に一緒にダンゴムシ探しに熱中するなど、“子煩悩なパパ”の顔をのぞかせる。

 一方、木村演じる礼の娘・桃田雫(ももた・しずく)役に宮崎莉里沙(みやざき・りりさ)、 岸井演じるめいくの息子・横瀬大地(よこせ・だいち)役は三浦綺羅(みうら・きら)に決定。木村も現場にいたネコを一緒に観察したり、重岡らに「うちの子です!」と紹介したりするなど“ママ”ぶりを発揮。無邪気な岸井は、はしゃいでいる子どもたちに交じって遊ぶなど、それぞれのスタイルで“我が子”との距離を縮めた。

 ここに、物語のはじまりとも言える「#家族募集します」という突飛な募集をSNSに投稿し、周囲を巻き込んでいく小山内蒼介役の仲野太賀も加わって、子どもたちを笑わせて盛り上げ、現場は終始笑い声に包まれた。最初は緊張していた子どもたちも、“パパ” “ママ”とすっかり打ち解けリラックスした表情に。そんな和やかな空気の中で撮影した、初の親子ショットも到着。それぞれの親子が見せる掛け合いにも期待が高まる。