俳優の佐藤健が4日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の初日御礼舞台あいさつに出席。ついにの封切りを迎え、客席を眺めた佐藤は「皆さんの支えがあったから10年間、ここまでたどり着くことができました」と万感の思いを語った。

【集合ショット】佐藤健、有村架純、村上虹郎ら豪華キャスト陣が集結!

 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

 シリーズの「最終章」が封切りを迎え、佐藤は「この公開をもって、いよいよ終わってしまうんだなと。宣伝活動をしながら寂しい思いを抱えていました」と回顧。しかし公開日が迫るなかで心境にも変化が訪れたという。

 本作をもって「『るろうに剣心』は、“完結”ではなく“完成”を迎えました」と胸を張った佐藤は「この『The Beginning』を見てもらって、『るろうに剣心』というシリーズはやっと始まるんだと。その完成した『るろうに剣心』シリーズをこれからも末永く愛してほしい」と感慨深げに呼びかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、有村架純、村上虹郎、北村一輝、江口洋介、大友啓史監督が出席した。