日清食品は4日、発売50年目を迎えた「カップヌードル」でおなじみの“フタ止めシール”を廃止すると発表した。これにより、年間33トンのプラスチックが削減できるとしている。シール廃止に伴い、開け口を2つにした新形状のフタ "Wタブ" の採用も発表された。

【画像】開けると「にゃ~」カップヌードルのWタブパッケージ 現行との比較も

 きのう3日、「カップヌードル」公式アカウントでは「さようなら、全てのフタ止めシール。#西暦2021年6月4日11時発表」と予告され、SNSで大きな話題となっていた。

 4日、同アカウントでは「発売50年を機に、カップヌードルの底に付けていた『フタ止めシール』を廃止することにしました。これで年間33トンのプラスチックが削減できます」と発表。また、同社の公式サイトでは今回の決定を受け、シールがなくてもふたを止められるよう、「開け口を2つにした新形状のフタ "Wタブ" を採用し、2021年6月から順次切り替えます」と新仕様を公開している。

 “フタ止めシール”ことタックシールは1984年9月に採用。37年目でその役割を終えることとなった。