女優の高岡早紀が主演する映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』(6月18日公開)。本作は、単なる「スリラー」「サスペンス」ではなく、「純愛」、「アクション」、「ホラー」の要素も詰まっていて、時には笑いながら突っ込んでしまう部分も満載という、オールマイティー、ジャンルレスな作品であることを裏付ける新たな場面写真が2点解禁された。

【動画】スパイダーマンのようなリカは予告編で見ることができる

 2019年10月に東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送され「この女、怖すぎてヤバい!」とツイッターでトレンド入りが続出した連続ドラマ『リカ』。今年3月から4月にかけて全3話が放送され「またしても怖いのに突っ込みどころ満載!」とその中毒性にハマる人が続出したエピソード0にあたる『リカ~リバース~』に続き公開される映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』。

 原作は第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した五十嵐貴久氏のサイコスリラー小説「リカ」シリーズの「リターン」。“美しき魔性”高岡による、衝撃的なせりふ、誰もが目を奪われてしまう振り切った演技で、映像化は大成功。映画でも引き続き、「リカ」ワールドへ引き込む。

■花言葉のプレゼントに満面の笑みで喜ぶ、乙女なリカ

 幼い頃から愛に恵まれなかったリカは、夫像、結婚像、家庭像に少女のような憧れと純粋さを持つ、自称28歳の女性。新たに解禁された場面写真の1枚は、うれしそうにハイビスカスの花を見つめながら電話をするリカの姿。マッチングアプリで出会った奥山(市原隼人)からの「新しい恋」という花言葉に心から喜んでいる様子。今度こそ、リカは “運命の人”と出会い、幸せになれるのか…。

■スパイダーマンのように空高く飛び、壁を這う!

 ドラマ版でもターミネーターさながらの疾走を繰り広げていたリカだが、映画版では空高く飛び上がり、壁を這う、スパイダーマンのような驚異の身体能力も披露。衝撃と同時にクスッと笑ってしまうような見事なアクションシーンは、映画のオンラインビジュアルでもはっきりと捉えることができる。リカを演じる高岡が実際に挑んだワイヤーアクションシーンは必見だ。

■まるで外科手術のように、愛する人の身体を切り刻む

 リカが運命の男性に出逢った時、彼女のピュアな愛情は炸裂し、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない最恐の“純愛モンスター”と化していく。その愛する人を手に入れるその方法が…サイコパス。生きたまま愛する人を切り刻んで連れ去り、自分のもとで生かし続けるリカ。トラウマになるような衝撃的なシーンもあるが、なんとしても愛する人を手に入れようとするその執念は観ている側をゾッとさせる。解禁されたもう1枚の場面写真には、奥山を抱きかかえ、不敵な笑みを浮かべるリカが写っている。果たして2人はこの後どうなってしまうのか…。

 映画は、山中でスーツケースに入った死体が発見されるところから始まる。被害者の身元は、3年前、逃走犯の雨宮リカ(高岡)に拉致され行方不明になっていた本間隆雄(大谷亮平)。警視庁捜査一課の奥山次郎(市原)は、潜伏中のリカをおびき寄せるため、偽名を使いマッチングアプリでリカを探し出すことに成功する。次第に“純愛モンスター”リカにのめり込んでいく。「やっと会える、雨宮リカ」――捜査と共にリカにのめり込んでいく奥山を心配する婚約者の青木孝子(内田理央)は、同僚の梅本尚美(佐々木希)と共に彼の部屋へと向かうのだが…。