女優の鳴海唯(23)が3日、横浜スタジアムにて行われた「DeNA対ソフトバンク」の試合の始球式に登場した。

【写真】キュートなフォームで始球式に登場した鳴海唯

 始球式では、「なるみ」の苗字にかけた背番号「7」のDeNAユニフォームで登場し、打席に立ったソフトバンクの牧原大成と対戦。マウンドにボールを持っていくのを忘れてしまう天然ぶりを見せた。大きく振りかぶって投げたボールは、キャッチャー手前に落ち、ゴロとなった。

 鳴海は「一生懸命投げたのですが、ゴロになってしまいました(笑)こんなに球場が大きいと思わなかったので、頭が真っ白になりました。貴重な体験をさせていただきました」と自身の投球を振り返っていた。

 鳴海は、2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(広瀬すず主演)でヒロインが居候する柴田家の次女役を好演。今年3月に公開された映画『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』にもゲスト出演している。また、ケンタッキーや森永乳業ピノなどの数々のCMにも抜擢され、注目の若手女優の一人。