俳優の長谷川博己、お笑いトリオ・ネプチューンの原田泰造、女優の麻生久美子が3日、都内で行われたキリンビールの『「ビールはクラフトビールの時代へ」祝杯式』にゲストとして参加した。

【動画】長谷川博己から美味しいビールの注ぎ方を伝授された麻生久美子&原田泰造

 3月に発売された『SPRING VALLEY 芳醇 496』の売れ行きが好調なことから開催されたイベント。以前のイベントでおいしい注ぎ方を教えられた長谷川が、麻生と原田へ伝授することに。長谷川は「さらにおいしくするのが2度注ぎ。まずは、勢いよく注いで2、3センチほどの泡を作ります。そしたら、グラスの内側に合わせてゆっくり静かに…」と説明していたが、ここでMCに「集中しているので、よかったらそちらで説明していただけるとうれしい」とおねだり。ガチ過ぎるビールサーブへのこだわりを見せて、会場を笑わせた。

 ふわとろの泡が完成し、拍手が起きたが長谷川は「もうちょっと、うまくできるんですけどね」と少しだけ納得のいかない様子を見せていた。

 また、自身にとってのクラフトビールとはという質問に「職人さんたちの愛の結晶」と長谷川は明かす。「飲む度においしさに感動する。職人さんたちのこだわりが愛情となって伝わる」と力説する。最近、テレビ番組で同商品の特集を偶然、見たそうで「ドイツやアメリカのブリュワーさんが高く評価をしていて、それを見ていたら僕もアンバサダーとして感動した。『よかった…』と」ともはや醸造家のような立ち位置になったそう。「(番組を見たのは)たまたま。しかも、その時はSPRING VALLEYを飲んでいた。全然、知らされてなかったのに。感動です。縁を感じました」としみじみ語っていた。