俳優の佐々木蔵之介が、7月1日スタートのテレビ朝日系木曜ミステリー枠『IP~サイバー捜査班』に主演すると3日、発表された。古都・京都を舞台にサイバー犯罪の脅威×人間ドラマを融合させた斬新なミステリーを描く。

【全身カット】羽織が印象的な佐々木蔵之介&初の刑事役もキュートな福原遥

 スマートフォンの普及やリモートワークの増加により、デジタル化に拍車がかかっている現在。サイバー空間は、日常生活の一部となっている。一方で、目に見えない世界を悪用した犯罪も急増し、さまざまな手口を用いた詐欺などが横行。サイバー犯罪は身近なものとなり、いつ被害に遭ってもおかしくない状況となっている。

 『IP~サイバー捜査班』で活躍するのは、サイバー犯罪に立ち向かうべく、京都府警本部が新たに設立したサイバー総合事犯係。ネット分析やプロファイリングなど最先端の機器とスキルによる捜査支援を主とした部署に、現場捜査+逮捕権を付与した画期的なチームとなっている。

 しかし、優秀なエキスパートを集めて結成されたが、サイバー総合事犯係にまわってくるのは、ネット犯罪の下調べや後片付けなど面倒な仕事ばかり。捜査権はあるものの、立て割り組織である府警の中ではサポート係に甘んじるしかなく、総事係=お掃除係と揶揄(やゆ)される、最先端でありながらちょっと残念な部署となっている。しかも、主任の安洛一誠(やすみや・いっせい)はサイバー犯罪に関する知識も捜査スキルもピカイチなのに、超がつくほどのデジタル人間。「0か1で割り切れない感情に固執するのは時間の無駄」と言い放つ変わり者で、ジャケットの代わりに“羽織”を身にまとう、警察官らしからぬ男となっている。

 物語は、そんな“お掃除係”に新人刑事・古宮山絆(こみやま・きずな)が配属されてきたところからスタート。絆は亡き母が遺した1枚の写真から、安洛こそ自身の父親かもしれないと考え、配属を希望。人間の感情に興味のない安洛と人情を重んじる絆。父娘かもしれない2人がぶつかりあうことで、総事係に予期せぬ化学反応が発生。さらに、裏で安洛について調べる元捜査一課の刑事の多和田昭平(たわだ・しょうへい)を巻き込んで、三つ巴の人間模様が展開していく。

 主人公・安洛一誠を演じるのは佐々木蔵之介。自身は「超がつくほどのアナログ人間」だというが、専門用語満載の長せりふと格闘しながら、確かな演技力でキャラクターを鮮やかに立体化。「サイバー捜査と聞くと一見、近寄りがたい感じがしますが、ストーリーはとても身近。アナログな僕でも『めちゃくちゃ面白いし、わかりやすい!』と感じるので(笑)、見ていただいたら絶対に楽しめるはずです!」とアピールした。
                           
 安洛を自身の父ではないかと疑う新米刑事・古宮山絆を演じるのは福原遥。初挑戦となる刑事役に「絆は情に厚く正義感が強くて、一直線な性格。熱い部分は自分と似ているので演じていて楽しいです」という。また、間宮祥太朗が、“ある密命”を受けて動く多和田昭平を演じる。間宮は元エリートである多和田に「スマートさ」が必要と考え、「安洛主任が3手先のことを話しているとしたら、彼は1手先までは考えている、という意識で存在するよう心がけています」と考察した。

■キャストコメント
【佐々木蔵之介】
――この作品のオファーを受けたときのお気持ちを教えてください
【佐々木】僕自身は超のつくアナログ人間なので、「IPって何?」「サイバー捜査ってどういうこと?」というところから入りました(笑)。でも脚本を読んだら、サイバー犯罪って意外と身近なところで起きていて、まったく縁遠い話ではないんだと気づきました。たとえば初回は“フィッシング詐欺”が事件のきっかけとして登場しますが、こんなにも身近に、簡単にだまされてしまうような危険が潜んでいるんだなと実感しました。

――安洛一誠というキャラクターをどう受け止めていますか?
【佐々木】安洛は自分の興味ある分野にだけ一直線で、誰ともコミュニケーションを取らないのですが、自分で“それでよし”と思っちゃっている男ですね。捜査には長けていて人の3歩も4歩も先へと突き進んでいきますが、犯人の動機や感情には興味がなく、足を使わずともPCとネット環境さえあればすべて解決できると考えているような“変人”です。でも総合事犯係のみんなと関わっていくうちに、それが少しずつ変わっていくんです。また、安洛はいつもシャツの上に和服の“羽織”をまとっているのですが、だいたい羽織って刑事の衣装じゃないですよね?(笑)。でも、安洛にとっては効率がいい衣服なんでしょうね、袂からタブレットやスマホを取り出したりしています(笑)。

――演じていて苦労していることは?
【佐々木】いやぁ…苦労しかないです(笑)。医師役や弁護士役で専門用語にチャレンジしたことはありますが、法律は漢字で意味合いをつかめますし、医学も実態があるものなのでスッと入ってきやすいんです。でもデジタル用語ってつかみどころがなく、実態が見えないので、せりふを覚えるのが難しい! カタカナが多いので、元々の英語の意味を調べながら覚えています。でも、この作品で描かれるような事件や用語は、毎朝、新聞で見かけるほど身近なものでもあるんです。苦労も多いですが、勉強になるなと思いつつ演じています。

――福原遥さん、間宮祥太朗さんの印象を教えてください
【佐々木】福原さんは、役に対してどん欲な女優さんですね。撮影が進むにつれ、本番に向けてテンションを上げるスピードが速くなって、“もっと自分の役を深めよう”という姿勢が強くなってきて…。役柄と一緒に成長しているんだなと感心しましたね。あと、“食”に関してもどん欲(笑)。僕が「このお取り寄せがおいしかった」とちょっと話したら、すぐに調べてあっという間にカートに入れていました(笑)。間宮くんは“芝居のIQ”がめちゃくちゃ高い人! 本の読み方が深く、せりふ覚えもめちゃくちゃ早い。多和田のポテンシャルがしっかり伝わる演技は本当に見事だなと思います。

――視聴者にメッセージを
【佐々木】“サイバー捜査”と聞くと、難しそうで一見、近寄りがたい感じがしますが、ストーリーはとても身近で、ひょっとしたら自分たちも巻き込まれてしまうのでは…と思うような事件を描いています。“よくこの役を引き受けたな”っていわれそうなぐらいアナログな僕でも「めちゃくちゃ面白いし、わかりやすい!」と感じるので(笑)、見ていただいたら絶対に楽しめるはずです!

【福原遥】
――最初に脚本を読んだときの感想を教えてください
【福原】(佐々木)蔵之介さん演じる安洛主任が知らない言葉をワーッとしゃべるシーンがあったので、私もわからない単語を検索して調べました! 今は誰もがスマートフォンやパソコンを使い、SNSも浸透していますが、それについてちょっと考えさせられるような、今の時代にマッチした作品だなと思いました。

――古宮山絆というキャラクターをどう演じたいと考えていますか?
【福原】絆は安洛主任とは“真逆”で情に厚く、人の気持ちを理解し、そこから真相を導き出そうとする女性。誰よりも正義感が強くて、一直線な性格ですね。安洛主任が自分のお父さんなのではないかと疑っているのですが、人間に対してとても愛情深いんだなという面も感じます。私は絆みたいにテキパキ動けるタイプじゃないので、演じていて「しっかりしなくちゃ」と思うことも多いですね。でも、彼女の中の熱い部分は自分と似ているので演じていて楽しいです。

――ご自身はアナログ人間ですか? デジタル人間ですか?
【福原】私も同年代から見たらアナログだと思います。SNSでライブ配信をしたことがあるのですが、使い方がわからなくてアウトカメラになっていて、スタッフさんが丸見えになっちゃったことがありました(笑)。

――佐々木蔵之介さん、間宮祥太朗さんの印象を教えてください
【福原】蔵之介さんとはよく差し入れや食べもののお話をするのですが、話し方がものすごくおいしそう。蔵之介さんから話を聞くと、“早く食べてみたい!”っていう気持ちになります(笑)。また、私は人見知りなので最初、間宮さんに話しかけるのは緊張したのですが、頑張って話しかけたらすごくやさしく答えてくださってそこから一気に打ち解けてしまいました(笑)。私がセットに置いてある人形を破壊しちゃったことがあったのですが、間宮さんが直してくださったりして…。日々、支えていただいてます!

――視聴者にメッセージを
【福原】顔が見えないところで書き込みができるネット社会の恐ろしさなど、いろいろなものを感じていただける、今の時代にピッタリ合ったドラマです。最終話までいろいろな謎が描かれていくので、ぜひ最初から最後まで楽しんでいただけたらうれしいです!

【間宮祥太朗】
――最初に脚本を読んだときの感想を教えてください
【間宮】最初に思ったのは、「蔵之介さん、大変そうだな…」ということ(笑)。専門用語もせりふ量も、ものすごく多いので…。また、視聴者のみなさんにわかるように事件の概要をかけあいで説明するところもあり、第1話の脚本は半分ぐらい読んだところで、いったん閉じちゃいました。ちょっと整理する時間がほしくなったんですよ(笑)。でも、モニター画面をうまく使うなどの演出で、とてもわかりやすくストーリーが進行していくので、演じていて僕もスッと理解することができました。

――“密命”を帯びている多和田昭平というキャラクターをどう演じたいと考えていますか?
【間宮】多和田は総事係とは別の顔も見せるキャラクターですが、そこはあまり大げさに演じわけないようにしたいなと思っています。元捜査一課ということもあり、スマートさが出るといいなと思っていて、安洛主任が3手先のことを話しているとしたら、多和田はそれを聞いているとき1手ぐらい先までは考えている、という意識で存在するよう心がけています。また、自分がいちばん刑事っぽいキャラなので、ほんわかした雰囲気の総事係の中、チームを引き締めるような存在でありたいとも考えています。

――ご自身はアナログ人間ですか? デジタル人間ですか?
【間宮】僕もアナログ人間だと思いますが、自分の趣味に関してはデジタル人間かもしれないです。撮影の待ち時間によく野球中継を見るのですが、いろいろな方法を駆使してチェックしているので…。地上波の中継がなければ、BSやアプリの配信サービスを確認し、それも厳しかったら、試合結果を速報してくれるアプリを活用しています。そういうところではデジタル派ですね(笑)。

――佐々木蔵之介さん、福原遥さんの印象を教えてください
【間宮】蔵之介さんとは大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で初共演させていただきましたが、そのときもモニター越しに見惚れてしまうほど迫力あるお芝居をされていて、今回ご一緒させていただくのをとても楽しみにしていました。でも、いったんスタジオから出ると、はしごみたいなところにぶら下がって脱力している瞬間もあって(笑)。集中力のスイッチングがスゴイ方なんだなと思いました。福原さんには「なんでそんなにせりふを覚えるのが速いんですかー!」ってよく怒られています(笑)。

――視聴者にメッセージを
【間宮】近未来の物語ではなく、まさに“今”を描いたドラマです。風刺的な要素もありますが、お説教くさいところはまったくなく、自分たちが当たり前のように使っているスマホやパソコン、ネットなどが自分にとって必ずしも味方ではなく、“使い方次第”ではないかと考えさせてくれるドラマだと思います。