女優・大塚寧々(52)が3日、都内で行われた『WrinkFade(リンクフェード)』の新商品発表会に出席。イメージキャラクターに任命され「もう50歳を超えているので(オファーに)ビックリしました。うれしかったです。私でいいのかな?」とほほ笑んだ。

【動画】大塚寧々「奇跡の52歳」のキャッチフレーズに恐縮!

 新CMは「奇跡の52歳、大塚寧々はいつまでも美しく。篇」と題して、「メイクする度に素肌が美しくなる」をテーマに、大塚の魅力をより引き立たせながら、シワ改善や美白といった『薬用リンクルカバーファンデーション』の長所を表現している。

 “奇跡の52歳”というキャッチコピーに「もう本当にごめんなさい、汗が出てきちゃいますよね…」と恐縮しきりだった大塚。現場では、ナチュラルで心地よい雰囲気の部屋での“モーニングルーティーン”を撮影し「素に近い部分が出てると思います」とアピールした。

 イベントには、お笑い芸人・椿鬼奴(49)も登場。この日が初対面だという大塚が「鬼奴さんの声がすごい好き。声を聞いてると安心するんです」と明かすと、本人も「ただの酒ヤケですが、周波数がいいんですかね?」と笑いつつ「一応、美容系のイベントなので前日はお酒を控えて、ノンアルコールビールにしました」と報告。その後も美容トークに花を咲かせた。