7月11日からNHK Eテレにてテレビアニメがスタートするラブライブ!シリーズの最新作『ラブライブ!スーパースター!!』が2日、作中に登場する喫茶店の外観の参考としていたカフェ香咲に対し、事前説明と理解不足のまま制作進行をした不手際を公式ホームページにて謝罪した。

【写真】制服姿に衣装チェンジしてパフォーマンスするLiella!

 公式サイトでは「当方からの事前の説明や配慮の不足から、十分なご理解を得ないまま制作を進行してしまったことにより、ご不安を与えることとなってしまい、その結果として多くの方にご迷惑をおかけしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。カフェ香咲様、近隣住民の方をはじめとする関係者の皆さま、また『ラブライブ!スーパースター!!』を応援いただいている皆さまには、ご心配とご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪。

 さらに「当方の不手際によりまして、カフェ香咲様にはご迷惑をおかけしたこともあり、『ラブライブ!スーパースター!!』においては、カフェ香咲様の外観を再現することなく、作中に登場する当該建物のデザインを変更することといたしました」と報告した。

 なお『ラブライブ!』のファンに向けては「本件に関しましては、カフェ香咲様に対する誹謗中傷や、関係者の方の写真やプライバシーに関する情報を、SNSやインターネット掲示板、評価サイトなどに投稿する行為が確認されております。こうした行為は、店舗の評価を不当に損ない、個人の尊厳を深く傷つけるもので、刑事罰の対象となり得る行為ですので、おやめくださいますようお願い申し上げます」と要望した。

 また、本作は東京都の表参道・原宿・青山エリアを舞台としていることから「訪問される際は、現地の施設、店舗、また近隣住民の皆さまのご迷惑とならないよう、通行の妨げになる立ち止まり、座り込み等については、ご遠慮いただきますようお願いいたします。私有地への立ち入りや、施設・店舗・住宅・住民の方々などを無断で撮影することは、トラブルとなる可能性があります。皆さまのご理解・ご協力をお願い申し上げます」と聖地巡礼を楽しむファンに向けてあらためて注意を促した。