俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(4日公開)より、有村架純が演じる雪代巴の場面写真8枚が3日、解禁された。

【別カット】儚げな表情を見せる巴・有村架純

 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』(公開中)、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』の2部作で描かれる。

 『The Beginning』の舞台は、動乱の幕末。ある夜、剣心が敵を殺めたとき、目の前には雪代巴が立っていた。暗殺現場を目撃された剣心は、口封じのため巴をそばに置き共に暮らすことを決意。剣心の姿を見ていた巴は「このまま人を殺め続けるのか」「平和のための戦いなど、本当にあるのか」と問いかける。

 巴の優しさは剣心の心に波紋を広げ「新時代」のために人を斬ることに葛藤しはじめ、次第に本当の幸せの意味に気付いていく。互いに思い合う巴と剣心だったが、ある日突然、巴は姿を消してしまう。彼女の真の目的は“緋村剣心への復讐”。同じく剣心の命を狙う幕府直属の隠密組織の首領・辰巳(北村一輝)の指示で動く内通者だったのだ。巴を追う剣心。そこには、数々の罠が仕掛けられていた―。

 今回解禁された場面写真からは、過去の経験から今にも消えてしまいそうな儚さと、揺るがない意志、そして強い芯を携え剣心に近づく巴の姿。そして憎しみと愛情の狭間に立ちながら、穏やかな表情で剣心を見つめ、さらには強い決意の目で雪の中に佇む姿などが切り取られている。