歌手・由紀さおり、女優・柳ゆり菜が2日、都内で行われた映画『ブルーヘブンを君に』(11日公開)公開直前イベントに登場した。

【全身ショット】ホワイト×イエローのロングワンピで登場した柳ゆり菜

 同作は、不可能の代名詞といわれた「青いバラ」を品種改良により生み出した実在のバラ育種家の女性をモデルに、いくつになっても夢をあきらめない人生の素晴らしさを描く。由紀が映画初主演で共演に柳のほか、BOYS AND MENの小林豊と本田剛文、大和田獏、寺脇康文など、監督は本作が映画監督3本目となる秦建日子氏が担当している。

 久々の再会に由紀は「(撮影の柳は)もうちょっと、ぷっくりした健康的なお嬢さんだった。2年ぶりに会ったら、ほっそりしちゃって、『えっ!? ちょっと痩せたでしょ?』と。ねぇ~。(今の)淑女の感じではなく、もっと力強かった」と驚き。

 続けて「何かあったの?と聞いたら『内緒です』と言われちゃって」とニヤニヤすると、柳は「確かに、2年前は(撮影の)岐阜県に1ヶ月くらい滞在するスケジュールで、持っていく服もジャージ2着だけで行くような、ちょっと男勝りな感じで役もそうでした」と照れ。

 撮影現場ではジャージ姿が多かったそうで、柳は「由紀さんとのご飯会があると聞いて、ジャージで行ったのですが、(スタッフから)一回帰らされて、一着だけあったワンピースに着替えて行っていたりしました」と笑いを誘った。

イベントには、BOYS AND MENの小林豊と本田剛文、秦建日子監督も出席した。