SDGsの概念が広まり、各社が活動を展開している昨今。IKEAでは、社会的に弱い立場の人々の生計を支える、新たなコレクション『LOKALT/ロカルト 限定コレクション』を発表。全国のイケア店舗、IKEAオンラインストアで1日より販売開始した。

【写真】「世界の風のにおいがする⁉」インド、タイ、ヨルダン…職人手作りのグッズ

 『LOKALT/ロカルト 限定コレクション』は、各地の伝統にインスピレーションを受けたハンドメイドのテキスタイルと、陶磁器などの活力あふれるコレクション。デザイナーはヨルダンの首都アンマン在住のTania Haddad、インド・デリー在住のデザインデュオPloypan Theerachai、タイ・バンコクを拠点とするDecha Archjananun、そしてインド・デリーを拠点とするイケアの社内デザイナーAkanksha Deoが務めた。

 イケアのRange & SupplyクリエイティブリーダーのMaria O’Brianは、「LOKALT/ロカルトは、伝統的な手工芸品をモダンかつ生き生きと表現したコレクションです。製品が実際に作られている場所を物語る、ちょっと変わったデザインが溢れています。陶磁器はタイでの料理の給仕法に敬意を示したもの。アンマンのホームテキスタイルからは現地の日常生活が垣間見えます。クッションカバーやラグに使用された表情豊かな形は、インドの伝統にインスピレーションを得たものです」とコメント。

 クッションカバー、ラグ、バスケット、ボウルなど、それぞれに地域の伝統とモダンな手工芸技術の融合を見ることができる本コレクション。社会的に弱い立場にある人々のための長期的な仕事の機会と生計手段を創出することで、彼らのよりよい日常生活を作り出すことを目的としている。熟練した職人によって1点1点手作りされた風合いが特徴で、おうち時間が増えた部屋にも変化をもたらしてくれそうだ。

 『LOKALT/ロカルト 限定コレクション』は、25の国・地域、294店舗で発売予定。