結成22年を迎えた3人組グループ・いきものがかりの山下穂尊(38)が、今夏をめどに脱退することが2日、発表された。山下は表舞台に立つ芸能活動からは離れ、作曲や執筆などの創作活動をはじめとする新たな道に進む。メンバーは3人連名のコメントを寄せ、ボーカルの吉岡聖恵(37)は「“山下穂尊が、より山下穂尊らしく”、より自由に生きていくための選択」と理解を示し、「ほっち、いつも穏やかな優しさで、いきものがかりを支えてきてくれて、本当にありがとう!」と感謝した。

【写真】結成22年 山下穂尊の脱退を発表したいきものがかり



ファンの皆様、いつも応援してくださる皆様、突然のことで驚かせてしまい申し訳ありません。

学生時代から、気付けばもう22年間、いきものがかりを3人でやってきたんだなぁと実感しています。3人でいることが当たり前の日々でした。

今回の発表に至るまでには、3人で何度も膝を突き合わせてたくさん話をしてきました。

今回の山下の決心は、“山下穂尊が、より山下穂尊らしく”、より自由に生きていくための選択だと思っています。

彼は表舞台からは退く決断をしましたが、昔から時間があればバックパッカーとして海外に旅に出たり、アウトドアの世界に没頭したり、音楽だけでなく様々な分野に興味を持ってきた多才な人間です。

そんな彼の世界が、これからさらに大きく豊かに広がっていくことを信じていますし、これからも互いに切磋琢磨し、エールを送り合える仲間でいたいと思います。
皆様、どうかグループから旅立つ山下穂尊を、あたたかく見守っていただけたら幸いです。

新しい「いきものがかり」もより一層輝けるように、吉岡・水野で力を合わせて、精進して参ります。
引き続き山下穂尊を、そして「いきものがかり」をどうぞよろしくお願いいたします。

ほっち、いつも穏やかな優しさで、いきものがかりを支えてきてくれて、本当にありがとう!

これからもどうぞよろしくね!

吉岡聖恵



 なお、3人でのラストライブは6月10・11日の横浜アリーナ公演2daysで、有観客およびオンライン配信も行われる。山下離脱後は、水野良樹(Gt)と吉岡聖恵(Vo)の2人で活動を継続する。