ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で今月9日午後4時より日米同時配信開始となる、マーベル・スタジオのオリジナルドラマシリーズ『ロキ』(毎週水曜に新エピソードを配信)。本作でロキと関わる新キャラクター、〈メビウス〉、〈ラヴォナ〉、〈ハンターB-15〉の謎に包まれていた詳細が判明し、それぞれのビジュアルも併せて解禁された。

【動画】『ロキ』予告編

 マーベル・スタジオが贈る、『アベンジャーズ』後から始まる“もうひとつの物語”。画像の上段左《裏切り王子》ロキ(演:トム・ヒドルストン)はソー(演:クリス・ヘムズワース)の義弟。王位継承者である兄ソーへの嫉妬心から、兄弟の故郷アスガルドの王座を狙うようになる。『アベンジャーズ』(2012年)ではアイアンマン(演:ロバート・ダウニー・Jr.)たちの敵として立ちはだかり、嘘と裏切りを愛する“ヴィラン”としてさまざまな作品でヒーローたちを翻弄してきたロキ。

 彼が最後に現れた『エンドゲーム』(19年)では、アイアンマンたちが訪れた過去の世界で捕縛されていたロキが偶然に四次元キューブを手に入れると、即座に悪用しその場から逃げ出していた――。本作『ロキ』は、彼がアベンジャーズたちの手から逃げ去った後の物語。時空を超えて逃げ出したロキは、懲りずに早速新たな悪戯に着手したのも束の間、“時間の流れを守っている”という謎の組織TVA に捕まり<自分が改変してしまった現実を元に直す>という任務を命じられ、時間を超えた壮大な冒険へと渋々挑むことに。ビジュアルでは、TVAの制服に身を包むロキが真面目に任務に取り組むように見える一方、その表情は何かを企んでいるとしか思えない妖しい笑みを浮かべており、波乱の展開を予感させる。

 上段右は、オーウェン・ウィルソン演じるTVAのエージェント、メビウス。TVA の中でも特に危険な時間犯罪者の捜査が専門のエージェントの彼は、とあることをきっかけにTVAが脅威にさらされる中、何を思ってか“ロキと手を組む”というリスクを冒すことを決意。うかつに信用してはいけないロキと手を組む彼の目的とは…?

 下段左は、ググ・バサ=ロー演じるラヴォーナ・レンスレイヤー。キッチリと制服を着こなし、凛とした表情で威厳にあふれている。TVAの出世階段を一気に駆け上がってきた彼女は、ロキの任務にも関与することとなり、メビウスのやり方には賛成できない一方、彼との友情も感じている様子。彼女がロキやメビウスの企みにどう関わってくるのかも気になるところだ。

 下段右は、ウンミ・モサク演じるハンターB-15。そのネーミングは謎に包まれているが、規則を重視する真面目な彼女はロキを一切信用していない様子で、メビウスの自由放任主義的な行動にも疑問を抱いている。“裏切り王子”ロキでさえ一筋縄ではいかないであろうキャラクターばかりで、ロキが振り回すのか、或いは振り回されるのか…観る者が想像のナナメ上を行く展開を魅せてくれることだけは間違いない。

 数々の悪行の一方で軽率な失敗を繰り返したり、時に兄弟の絆や家族愛を思わせたりと、一言で表すのが困難なほどに多くの魅力に溢れ、完璧でない姿がどこか愛らしく“憎めないヴィラン”として世界中から愛されるロキは、世界の”時間“を股にかけた冒険で今度はどんな”悪戯“を見せるのか? 謎解きタイムトラベル・スリラーがいよいよ開幕する。

■公式サイト
disneyplus.disney.co.jp/program/loki.html