泣いて、笑って、スカッとできる。そして、“奇跡の大逆転”から勇気をもらえる映画『ローズメイカー 奇跡のバラ』(5月28日より公開中)。このたび、ピエール・ピノー監督が日本公開に向けてメッセージを動画で寄せた。また、バラ園での季節の移ろいが美しい本編映像も続けて見ることができる。

【動画】ピエール・ピノー監督のメッセージと本編映像

 日本の映画ファンに向けてピノー監督は「日本の皆さんこんにちは。監督のピエール・ピノーです。日本での公開をとてもうれしく光栄に思います。バラの世界にたっぷり浸れる映画です。特にバラ作りはフランスのお家芸ですからね。これは美の大切さ、探求についての映画です。人の繋がりの美しさも描いています。主演はフランスの大女優、カトリーヌ・フロです。彼女は素晴らしい女優です。是非劇場でご覧ください!」。

 このメッセージに続いて、見ることができる本編の映像に映るのは、畑のような広大なバラ園。慣れた手つきでバラの手入れをする主人公のエヴ(カトリーヌ・フロ)と従業員たち。仕事がひと段落したフレッドに、エヴは「香水」という本をプレゼントする。言葉こそ発さないフレッドだが、エヴと顔を見合わせ微笑み合う様子から、2人の信頼関係がうかがえる。職業訓練所から格安で雇われた素人の彼らが、どのようにして頑固なバラ育種家のエヴと関係を深めていったのか。

 また、本編映像の最後には移りゆく季節とともにバラの成長過程を見ることができる。撮影期間はたったの2ヶ月とのことだが、これらの変化はどのように撮影されたのか。ピノー監督によると、バラ園の1年の変化を見せるため、「バラの野原に無人カメラを設置して10ヶ月間も撮影」したそう。

 「たった2ヶ月の撮影期間の中で季節の移ろいを見せるのは本当に大変でした。撮影期間は季節変化の恩恵が得られる9月と10月を選びました。最初の何週間かは燦々と日が照り草木も青々とした夏でしたが、最後の数週間は秋が既にはっきりと現れていました」と、季節の移ろいを描くための工夫も明かしている。

 頑固なバラ育種家と、世間から見放されたド素人3人組の出会いから、思いもよらない奇跡が生まれる本作。監督のこだわりが詰まった美しいバラ園の風景と、個性あふれるキャラクターの成長も見どころとなっている。

THE ROSE MAKER (C) 2020 ESTRELLA PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINEMA - AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA