ディズニーランドの人気アトラクションから誕生したディズニー実写映画の新作『ジャングル・クルーズ』の映画館公開日が1日早まり、7月29日(木)に変更された。あわせて、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のプレミア アクセスで7月30日(金)より配信することも決定した。

【写真】ドゥエイン・ジョンソンとエミリー・ブラント

 アマゾンに伝わる不老不死の伝説 ── 奇跡の花“月の涙”を手にした者は、あらゆる病気や怪我を治癒できると伝えられていた。その秘宝を追い求めたあまりに命を落とした父の汚名を晴らすため、並外れた行動力を持つ女性博士のリリー(エミリー・ブラント)は、弟のマクレガーとともに、ミステリアスな危険に満ちたアマゾンのジャングルへ出発する。

 彼女が相棒に選んだのは、観光客相手のクルーズ・ツアーの船長フランク(ドウェイン・ジョンソン)。ジョークを飛ばしながら、カバなどのジャングルの動物や“滝の裏側”を案内し、先住民によるスリルを(ときにヤラセを交えて)演出する、陽気な性格の裏側には、いざというときに頼れる強さと不思議な魅力、そして謎めいた秘密が隠されていた。

 そんな彼らの旅を次々と襲う、“月の涙”による世界征服を企むヨアキム王子の軍隊や、呪いによって身体がジャングルと同化した“不死を生きる男”たち。ミステリアスな危険に満ちたアマゾンのジャングルで繰り広げられるノンストップのアトラクション・アドベンチャー。

 船長フランクを演じるドウェイン・ジョンソンは、自身の初主演作を観に行った映画館で、ジョニー・デップ主演の『パイレーツ・オブ・カリビアン』の予告編を見た際、そのスケールと冒険の世界に素直に感動を覚え、いつかアトラクションから生まれた映画に出演することが夢となり、目標となったという。そんな20年来の夢が叶い、人気アトラクションから生まれた本作の主演を果たしたドウェイン・ジョンソンは、この夏、全世界の人々にこの作品を届けられることを非常に喜んでいるという。