アイドルグループ・日向坂46の丹生明里が2日深夜放送のテレビ朝日のバラバラ大作戦『まんが未知』(毎週水曜 深1:56)に出演。原作を務める漫画が完成した。

【写真】丹生明里、ちょっとスパイスの効いた動物漫画の原作に挑戦

 『まんが未知』は、文才&発想力に長けた芸能人と、実力派漫画家をマッチング。芸能人が書いたショートストーリーを漫画家が16ページの読み切り作品に仕上げていく。MCは漫画大好き芸人のハライチ・岩井勇気と、声優の花澤香菜が担当。漫画制作を通して原作者の内なる世界が見えるほか、漫画家の仕事場に密着し、漫画テクニックも紹介する。

 これまで原作に挑んできたのは、賀屋(かが屋)、ニシダ(ラランド)、長谷川(錦鯉)、宮下(宮下草薙)といった芸人たち。今回番組初の女性原作者として丹生が登場となる。

 バトル漫画が大好きだと公言する丹生とタッグを組む漫画家は、『週刊少年ジャンプ』でも連載経験を持ち、現在は漫画原作者としても活躍している蔵人幸明氏。丹生は自分が飼っている柴犬をモチーフに「ちょっとスパイスの効いた動物漫画」を考案し、タイトルは「まめお」。ギャグありバトルありの前代未聞のストーリーに、蔵人氏は「面白い!」と高評価だった。

 作画作業に取り掛かった蔵人氏は、Gペンを使ったアナログスタイルでコツコツと仕上げていく。今回の漫画にはさまざまな種類の犬が登場するが、蔵人氏の技術で犬の表情をかき分けていき、自身も納得の出来となった。完成稿を読んだ丹生はうれしさのあまり、涙があふれた。果たして、アイドル丹生明里が考えた動物バトル漫画「まめお」は一体どんな作品に仕上がったのか? その全ては『まんが未知』で明らかになる。

 また、丹生原作の漫画『まめお』は、放送終了直後から「GANMA!」「まんが王国」にて無料で配信される。

 「バラバラ大作戦」は、昨年10月にスタートした豪華出演者と若手プロデューサー&ディレクターがタッグを組む、【20分枠】×【14番組】というテレビ朝日の深夜枠の新機軸バラエティゾーンとなっている。